Btn appstore Btn googleplay
9784750348520

日常の中の素朴な疑問から性暴力被害者の自己責任論まで――「ジェンダー研究のゼミに所属している」学生たちが、そのことゆえに友人・知人から投げかけられたさまざ... 続き

コメント

大学生が書いたこの本は、是非とも大学生に読んで欲しい。

LGBT、男尊女卑、セクシャルハラスメント、フェミニズムといったようなここ数年で耳にする機会が大幅に増えた性に関するワードを3つのステップを踏んで分かりやすく説明してくれる。

それら以外にも、「女性専用車両ってある意味男性への差別では?」「男性だってセクシャルハラスメントにあうってほんと?」「友人がセクシャルマイノリティをこくはくしてきたらどう反応したらいい?」など興味深いトピックに溢れていた。

読者

94924667 d317 460d 9514 16b4e91e8ecf1f7bb61c 6f29 4288 9610 2a4daa62a79008391804 d00f 46be 8e81 71f8f35adac04207709b f77a 41a8 a12b e329c0275d22Cf471b38 eb36 4201 b603 cabe19d87de0Dd15e820 db42 44ad 9f27 88f6fce2f87c2dffbd3f d9ae 41af 816b 9439b33f2d0d1f2bcafa a121 4153 bcfe ae6ceec6226b 14人

人文

アラスカ原野行

アラスカ原野行

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

全米一の面積と最小の人口密度を誇るアラスカ州、つまり人がほとんどおらず広大な自然が残っている土地でもある。本書は70年代のアラスカを捉えた長編のルポであり、3章から成り立っている。そのなかでも興味深いのは最終章「ザ・カントリー入り」だ。ユーコン川上流地域に住んでいる人々はカナダ国境にもほど近いその場所を「ザ・カントリー」と呼び、新入りは「カム。イントゥ・ザ・カントリー(ザ・カントリー入り)」したと言われる。アラスカの何かに惹かれて移住した人を256ページ2段組みに渡り追う。 ペンシルベニア州から移住したゲルヴィン一家は創意工夫を凝らした丸太で作られた自宅に住んでいる。その母屋にある蔵書の一部は以下の通りである。「『スコッティ―・アラン、犬ぞり御者のキング』、『鉱山技師ハンドブック』、『エアプレーン砂鉱ドリルによる金採掘』、『家庭医学全集』、『ユーコンの女性たち』、『極寒の地の五十年』、『北極の古代人』、『荒野の呼び声』、『荒野の罠猟師』、『トレイル・イーター』、『グリズリーの国』、『悪名高きグリズリー・ベアーズ』、『アラスカ人の帰還』」p.290~p.291 どれもワクワクする読んで見たいタイトルが並ぶ。 またアラスカの森より闇深い人間心理も垣間見える。 「いつだったか私がサークルのユーコン交易所にいたとき、四十年配の男が川岸を超えてやって来て、ウスターソース六本とイーストを十二袋、マッチを一ケース、缶詰肉、イワシ、ホットドッグ、茶一・三十五キロ、砂糖六十七・五キロ、葉巻二本を買った。彼は現金を三百四十五ドル数えてカウンターに置き、天気の話すらしないで川へ戻っていった。パイロット兼罠猟師兼交易所の経営者であるフランク・ウォーレンは、ある日たまたまその男の小屋のそばを通りかかって、ちょっと寄ってみようと思ったのだそうだ。それは二・四メートルと三メートル四方の小さな小屋で窓がない。ウォーレンが小屋に近づくと中から声が聞こえて来た。その男は一人で冗談を言っていたのだ。さわりの箇所へくると彼は一人で大笑いした。ウォーレンはそっとその場所を立ち去ったという。」p.255

2日前

死を思えば生が見える

死を思えば生が見える

30ef1ae6 dc34 4c12 9fb7 16aaf1b8798c

ふぃー子

読書家にはなりたい…

死について避けるのではなく、もっと真剣に考えて生きていく。 百年後の世界に向けてのメッセージに心打たれた。 平和を好む民族が生きてきたこの島で、平和に繋がる行為をして生きていきたい。

3日前

男が30代でやめるべき習慣 ~賢者たちの一流の教え

男が30代でやめるべき習慣 ~賢者たちの一流の教え

Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de

かずい@ゆっくり読む

自己啓発とかエッセイとかをよく読…

『やるべきこと』ばかり考えていると、辛いどころか、現在を無駄にする 自己を啓発するためには、理想と行動を一致させること。 型を学ばなければ、型を破ることはできない。デタラメをやるだけなら、『型破り』ではなく、『型なし』である。 流行に流れるのは、自分の好きなものがわからないということ。

3日前