51doh4m2eil

コメント

優れたサスペンスの書き手であり毎年ノーベル賞候補とも呼ばれている作者の比較的長い作品があったので手に取ってみた。主人公は作者と同じくサスペンス作家。それなりに売れっ子で割と上品な作風が特徴なののだが実は家族にも出版社にも内緒で別名でハードで下品なサスペンスも出している、という設定。それがある日、地元の老婦人から盗作で訴えられてしまう。訴訟そのものは根拠もなくまた、資産家の末裔である老婦人がなかば趣味のように訴訟を起こしている人物であることからあっさりと片がつくのだがそれをきっかけに作者の上品で地元の名士という顔の下から狂気が芽生えてきて…という話。なんとなくいけ好かない奴だなという出だしから主人公の嫌な部分がどんどん露わになってきたかと思うと最後は一気に狂気が噴き出して、という流れが怖い。実力者だけに読み応えのある作品でした。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cIcon user placeholderCd4b3225 df40 4825 8219 3bb32ccb277e 3人

ジョイス・キャロル・オーツの本

とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢 ---ジョイス・キャロル・オーツ傑作選

とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢 ---ジョイス・キャロル・オーツ傑作選

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

怖いもの見たさでページをめくり続け読み終えた後、思わず振り返ってしまう悪夢。「とうもろこしの乙女」がやっぱりいいなあ、狂ってて、怖くて、不安になるような美しさに惹かれると、自分も狂ってるんだなって安心すると同時に怖くなる、血をざわつかせる作品集。

約4年前

D5a6691b adf0 419c 99c3 a82c187b64650c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedae002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b71