41pb632j4rl

住所はなく、消印は「葛飾」、そして差し出し人の名前は、「すばらしい日本の戦争」…名作『さようなら、ギャングたち』に先立つこと一年、闘争、拘置所体験、その後... 続き

コメント

名前につられて読んだのですが、なんと説明していいのかわからない小説です。でも暗い感じではなく、どちらかといえばハイな小説なんだと思います。

その他のコメント

文章の異常な勢いにのって一気に読み終えたあと、わけのわからないぽっかりとした切なさに襲われて、ああこの感じは経験があるなと思ってしばらく考えたら、岡崎京子の漫画を読んだあとのそれと似ていた。きっとまた読むと思うし、何回も読むだろうとも思う。

読者

F060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d779#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007f213cd90850>E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b111d11e89 91d1 484f 8eab dd1c2b5cd1e0Fab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de160 5人

高橋源一郎の本

恋する原発

恋する原発

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141

はる

、。

これはヒドイと読んでいたが、最後まで読むことでヒドイことの意味がなんとなく分かる。 ただヒドイだけじゃなかった。 ヒドイ事とか汚いことに目を逸らして生きてるな人間って、そういうのが創られ過ぎてて、それは本当に綺麗なの?って自分にも言いたくなる。

12か月前

Icon user placeholder238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69900e812377 5019 4a4b 9f61 8f482e1f71b5