513d61onfsl

晩年のオキーフが本当に望んでいた人生を、詳細な調査とデータ、写真、それにオキーフがこの地を得たからこそ描けた傑作絵画によって紹介してゆく。オキーフ美術館の... 続き

コメント

ジョージア・オキーフとふたつの家。ゴーストランチの家とアビキューの家。それらは心身共に疲弊し、ついには病んでしまった彼女が移り住んだニューメキシコのたおやかな山々と砂漠、苛烈に変化する季節に囲まれた原地独特の壁と扉、そして、美しくも堅固な梁に支えられた屋根によって象られる。何とも素朴でありながら目を惹く外観。それは、そこに住まい作品を生み出す彼女。ジョージア・オキーフそのものに近しい。彼女は家の壁に大きく開かれた窓から、はしごをかけた天井から山々を、川を、空を、砂漠を、道を眺め、見出し、描き続ける。
オキーフとその作品について詳しく述べられるほど彼女のことを知ってはいないが、彼女の描く色数の絞られた抽象的な風景画、特に扉のシリーズにはとても惹かれていた。
本書にはそれら作品群の原風景となる写真と作品が並び掲載されており、思わず長く見入ってしまう。
端正に整えられた室内写真も数多く収録されており、建築写真好き、アーティストの部屋、現場好き?にも一見の価値あり。

読者

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

アート

61iq4ilkzml
4d6b2209 2b40 47c2 b704 6e4b902df08f

yossy

ふるさとの山に向ひて言うことなし…

ミュシャの画集。 女性と花を調和させた装飾性の強い時期の作品から、 故郷の歴史を描いた大作『スラヴ叙事詩』全20作が収録されている。 *別ページで詳細で丁寧な解説もある。 端整な顔の人物、繊細かつ緻密な装飾、澄んだ色彩など、華やかな初期の特徴が、後期の『スラヴ叙事詩』にも含まれ目を引かれる。けれど、描かれているのは 故郷の「敗北、被支配〜再生」の歴史である。 一人の人間が自らの資質で、心の拠り所を模索する軌跡が伝わる一冊だ。

5日前

51mwe6pkk5l
47648ca8 2c45 450c a5ef 8a2242935235

月波洋子

プライベートで買った本と読んだ本…

とても読みやすかったのですが、知らないことも多く載っていたので助かりました。

15日前

41zghgzsqnl
C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

堀江さんの写真集。タイトルは島尾敏雄の『夢のかげを求めてーー東欧紀行』より。

18日前

51u38ybbt l
5d9aa654 0b5d 41e1 a880 d527ef95bd7b

しょこ

27 なごやの おんなのコ。

ニベアの青缶の美しさに ハッとなった。

20日前

C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c8dc7bce1 4556 4b18 8ae1 f3b5b39939e1E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f