616eaqre0il

美の巨匠たちは何と闘い、何を夢見たのか ドガ、セザンヌ、モネ、マティス。時に異端視され、時に嘲笑されながらも新時代の美を果敢に切り拓いた偉大なアーティスト... 続き

コメント

印象派の画家4人を題材にした作品です。

「うつくしい墓」では晩年のマティスのもとで働いた女性を、「エトワール」ではドガと14歳の少女との関係性を、「タンギー爺さん」ではセザンヌと画材商のことを、「ジヴェルニーの食卓」では晩年のモネとその娘のことを題材にしています。

全て女性の目線から語られていて、全体的に優しい雰囲気の作品になっていました。しかし、題材は印象派の画家たちなので、内容は「波乱万丈」がピッタリなんじゃないかなと思えるものでした。
私は特に「ジヴェルニーの食卓」が好きで、モネが睡蓮の連作に悩む姿や、家族を大事にする姿勢、また太陽の下で伸び伸びと絵を描くこと…その全てが魅力的でした。多分、モネの絵がもともと好きだったというのも1つの要因ではあると思いますが。

美術史に疎い私には、どこまでが史実でどこからが想像かは曖昧なのですが、さすが本物のキュレーターさんですね…美術への愛が深いということは感じ取れました。印象派の画家たちの絵を、ここまで言葉巧みに表現できる作家さんはなかなかいらっしゃらないと思います。

楽園のカンヴァスとふせて、美術に気軽に触れられる作品になっていると思います。
美術史に興味がない方にも、是非読んでほしいです。

その他のコメント

印象派絵画のようなきらめきに満ちた短編集。
マティス、ドガ、セザンヌ、モネ。4人の巨匠の芸術に対する情熱やこだわり、生き様が、それぞれの身近にいた女性の視点から語られる。
巨匠の身近で過ごした日々の喜びと純粋な愛が、気品ある文体で綴られており、読後はいつまでもその暖かさに包まれていたくなる。

画家たちの素敵なストーリー

絵をもっと知りたい
いろんな絵を
見に行きたいと思った。

そして、なにより
ジュベルニーへ
行ってみたい

読者

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0B9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0fIcon user placeholder1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320fIcon user placeholderIcon user placeholderC6b917c5 aceb 42f1 81f6 e778d1f1016e3825e242 399e 471e a274 40045529ccaf 48人

原田マハの本

異邦人

異邦人

Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告作っ…

京都で妊娠生活を送る女性の話として 興味を持って読み進めたけれど、すごく面白かった。 京都の豊かな四季を味わいながら、のんびり読んでいたつもりが、後半話の展開が面白すぎて、あっという間に読んでしまった。 ちょっとしたミステリーみたいな、様々な人間関係が入り組んで、ドキドキハラハラ、え、そんな?!みたいな。 こういうジャンルあまり読んでこなかったなぁ。 原田マハさんの作品2作目だけど、いつも読みやすく、どんどん読み進めたくなる感じすごい。

7日前

Icon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholder 17
フーテンのマハ

フーテンのマハ

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c

ハイパラ

週に1冊、年間で50冊くらいは読…

やっぱり旅は良いのだ!私も初めて見た映画は「男はつらいよ」でした。みんなどこかでフーテンが好きなのだ。こういうマハさんも良いですね。

8日前

8f57cf26 368c 4173 9191 93cfda77cc8b9d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb185F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac
スイート・ホーム

スイート・ホーム

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

話しの展開が、想像つくのだけど読み切って、あーよかったなぁと、こころに栄養を貰えた作品でした。

3か月前

434059f2 8e14 4a7f 8241 449baa9e3a90648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d 14
星がひとつほしいとの祈り

星がひとつほしいとの祈り

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

ワクワク、ドキドキ、ハラハラ、といった感情が前面に溢れた1冊ではないけれど、だからこそ身近に感じた。田舎に帰った時みたいな気持ちになる。またこの本に戻ってきたいと思う。

3か月前

47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Cfc58a72 6cff 473c 8bf1 a01fe04cc01b434059f2 8e14 4a7f 8241 449baa9e3a90 23