616eaqre0il

美の巨匠たちは何と闘い、何を夢見たのか ドガ、セザンヌ、モネ、マティス。時に異端視され、時に嘲笑されながらも新時代の美を果敢に切り拓いた偉大なアーティスト... 続き

コメント

印象派の画家4人を題材にした作品です。

「うつくしい墓」では晩年のマティスのもとで働いた女性を、「エトワール」ではドガと14歳の少女との関係性を、「タンギー爺さん」ではセザンヌと画材商のことを、「ジヴェルニーの食卓」では晩年のモネとその娘のことを題材にしています。

全て女性の目線から語られていて、全体的に優しい雰囲気の作品になっていました。しかし、題材は印象派の画家たちなので、内容は「波乱万丈」がピッタリなんじゃないかなと思えるものでした。
私は特に「ジヴェルニーの食卓」が好きで、モネが睡蓮の連作に悩む姿や、家族を大事にする姿勢、また太陽の下で伸び伸びと絵を描くこと…その全てが魅力的でした。多分、モネの絵がもともと好きだったというのも1つの要因ではあると思いますが。

美術史に疎い私には、どこまでが史実でどこからが想像かは曖昧なのですが、さすが本物のキュレーターさんですね…美術への愛が深いということは感じ取れました。印象派の画家たちの絵を、ここまで言葉巧みに表現できる作家さんはなかなかいらっしゃらないと思います。

楽園のカンヴァスとふせて、美術に気軽に触れられる作品になっていると思います。
美術史に興味がない方にも、是非読んでほしいです。

その他のコメント

印象派絵画のようなきらめきに満ちた短編集。
マティス、ドガ、セザンヌ、モネ。4人の巨匠の芸術に対する情熱やこだわり、生き様が、それぞれの身近にいた女性の視点から語られる。
巨匠の身近で過ごした日々の喜びと純粋な愛が、気品ある文体で綴られており、読後はいつまでもその暖かさに包まれていたくなる。

画家たちの素敵なストーリー

絵をもっと知りたい
いろんな絵を
見に行きたいと思った。

そして、なにより
ジュベルニーへ
行ってみたい

読者

4641b11e 4d6b 4862 935c 0dc1d40f80c4243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc51fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93efB202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095Icon user placeholder3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0B9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0f 53人

原田マハの本

一分間だけ

一分間だけ

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

原田マハ好きだけど、 この本の主人公は最低で本当に読んでいて嫌だった。 こんな人に動物を飼う資格ないよ。 2016

8日前

285d61d6 b4e4 46ea 8b3d 21ad309a4490D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f02d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311
スイート・ホーム

スイート・ホーム

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

不動産会社のホームページに掲載されていた連作短編集。 暖かくていい匂いがする街の様子が羨ましくて、私も是非住んでみたいと。笑 たまには、幸せ一杯の本で暖かくなるのもいいものです。 美味しい珈琲を片手に。

3か月前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79789e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eIcon user placeholder 22