61kdswepjml

発行元から

ねぇ、私を殺せる? 背徳の新伝奇ミステリ。初夏。街では連続変死事件が起きていた。まるで狼に喰い千切られたような遺体。流通する麻薬。恍惚の表情で死んでいく少女たち……。自らも死を求める高校生・此花ねむりは同級生の失踪をきっかけに事件を調べ始める。だが、そこには5年前の殺人事件に繋がる驚愕の真実が隠されていた――。性(エロス)と死(タナトス)、その果てに垣間見える少女の戦い。逸脱者たちが繰り広げる戦慄の新伝奇譚。

相沢沙呼の本

小説の神様

小説の神様

2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7

Reki

宇宙を!地球を!幸せを創る装置一…

物語を愛する初心を蘇らせる、が、心理描写をもう少し控えめになったらね…

約2年前

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a551829aef5 e852 49ca 800e d5b6c8a1b5a6
雨の降る日は学校に行かない

雨の降る日は学校に行かない

Ae9aaec8 d437 4895 aa25 d4f81f7d5b4c

りょう。

高校生。小説、漫画好き

2016.5.25読了 とある人のレビューを見て読みたくなった。短編集でとても読みやすかったし、自分も学生してるから共感するところがたくさんあった。「プリーツ・カースト」は本気でほんとだなって思った。学生でなくなってから読んだらなにか変わるのかな。

約2年前

Icon user placeholder412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4E1615d76 4c38 40a2 8ca4 c2471e011a0c