41q7xp1l1ql

第153回芥川賞受賞作「早う死にたか」毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。日々の筋トレ、転職活動... 続き

コメント

介護が必要な祖父と無職の孫の話
とにかく面白かった
祖父を尊厳死させようと躍起になる孫。ポテンシャルの高さが凄い
祖父の弱さはまるで自分のことを言われている様

踊らされた。
私は小学生の頃から読解力がないため本は字をなぞるだけで内容を理解していない。物語を追っているだけだ。
登場人物の心情にいちいち共感しては明るくなったり暗くなったり。
もうそろそろいい歳なのだから、まともな読み方ができるようになりたいと思った。

ユニークな作品との評もあるけれど、確かにそういう側面もあるけれど、
ボクには、
自分が、持病で寝込んで痛くて苦しくて辛くて死にたくなる気持ちと、仕事して認められる能力を発揮してココロの中で自身満々にドヤ顔してるような気持ちと、
作中のじいちゃんと健斗の心情がどちらともシンクロして、また、介護や福祉、親族とのコミュニケーション、等の社会の現実を突き付けられて、
読みながら胸が締め付けられるような心地がした。
だからと云って、読むのを投げ出したくなるワケでなく、引き込まれ一気に読了させてしまう文学としてのチカラがあった。
好い作品。
「雑誌じゃなくて単行本買ってください。印税入るので(笑)」とは、ラヂヲでの羽田氏談w
ごめん、文藝春秋で読んだ。

ミーハーな感じでテレビでの羽田圭介を見てから読んだ。
すんごくリアル。書き方が淡々としつつ丁寧。だからそれぞれの気持ちが分かる。それで「分かったぞ、よし、これからどうなるの」って思ったら終わってる。
でも終盤が一番好きかな。

2016-11-01

要介護老人に対する、無職の孫の挑戦。何度も「自分はどう考えるか」「自分ならどうするか」と問いかけさせられた。

考え方ひねくれてるの好き。

この本を読んでから
祖父に会いに行った。
ちょっと心配したけど
うちの祖父は元気で安心した。
でもやっぱり足が悪いから
いつもはのろのろと歩く。
けど一度、こっそりお菓子を持ってささっと自室へ走る祖父を見て、まさに走り抜ける黒い塊のようで、この小説のおじいちゃんみたいで笑ってしまった。

羽田さんがどんな人なのか
テレビで散々見てから読んだから、
もう主人公が羽田さんとしか思えなかった(笑)
筋トレしたくなった…

祖父が加齢の苦しさからもらす「死にたい」という言葉を斟酌して、穏やかな死を迎えさせようと人知れず奮闘する主人公の話です。
洗濯掃除、果ては肉体強化にまで取り組む展開には笑わされました。しかしその中で、生きることへの執着心を自分自身、そして祖父にまで見出していく様が描かれていて、爽快な読後感があります。
ただの介護小説と侮ることなかれ、です。

これほど注目に偏りがある芥川賞受賞作品、読まずにはいられません。

ダメで嫌な感じで笑えてカタルシスも。2作受賞でよかった

私の両親はまだ、60代なので若いんですが、将来的な介護の事は考えてしまいますね。特に父は数年前に椎間板ヘルニアを患って、筋ジストロフィーの疑いがあると診断されました。叔父も独身のままで60代なので、誰が世話するのかな?と。今の時点で、実感してますが、人間は老いると子供のようになってしまうということをこの本を読んで改めて実感した。介護には答えが無いのが難しいですね。これが正しいってのも無いように思うし。ただ、私は本人がやれるのなら、それを見守りたいと思います。タイムリーな作品なので読んでよかった。

先が見えない、国の策への問題提起的な。生々しいという意味で作為がなく素直な話。地元の本屋でタイトル言っても通じず置いてなかったことにちと驚いた。

おじいちゃん子である自分にとっては辛い気持ちになる。

体が不自由になっていく人間の吐くネガティヴな言葉は、問題を抱えたことのない人間にとってはただイライラするもの。それはわかる。
ただ、そういう言葉を吐く人間の気持ちもわかる。

ーーーーーーーここまでは1/3までの感想

バッドエンドのような気持ちの悪さで読み終えるのだと思っていたが違った。

とても好きな終わり方だった。
ちょっと泣けた。
最後の「先人が、それを教えてくれた」に泣けた。

全然好みじゃなかったので、全然読み進まなかった
退屈だったし
書きたいことはわかるけど
心は震えなかった

現代社会。
どこにでもありそうな話、リアルだと思った。意識して生きていかなければ、と何かに駆られる感覚を持った。

シニカルで爽快な読み口。介護現場のリアルな声を描いている。生に対する倫理観は考える角度によって様々だと思った。

いまの日本の空気感…

こんな介護の考え方があったとは!

今の介護のリアルが完結な文章に凝縮されていると思いました。さすが芥川賞。

最初、描写に冷たさを感じたけれど意外にも良い読後感。
自宅での介護は本当に大変なことも伝わってきて、おじいちゃんと暮らすことを通じて主人公は成長したのだと思います。
それを乾燥気味に裏側から描いている感じが面白かったです。

読者

Icon user placeholder12a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da079887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a742c97623 93d2 412b a760 a8081164f44d677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6894d171a b1a3 4e1f a614 e852f6a9356dAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141Fbd1b861 8a57 4be5 9ba2 61d5370d6f11 99人

羽田圭介の本

5時過ぎランチ

5時過ぎランチ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

ランチもマトモに食べられないほどブラックな仕事をしている各々三人。それぞれに絶体絶命な事件に巻き込まれても。やっぱり仕事好きだーって思っちゃう人達。 アルバイトの女の子が頑張る「グリーンゾーン 」が好きだ。

7か月前

Fafd6f3d 78f3 4fdc 93d0 c073cc2ad00a1cdb2a9c 737e 4830 baac 6fa336e724af81bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f
成功者K

成功者K

7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef

いさ

♡をまーるく。

☆5 芥川賞受賞作だからという理由で本を買ってくれる人たちのことをKは本当にありがたく思っているが、同時に、芥川賞受賞作にとびつくだけのミーハーな心理の総体のようなものに、復讐したいような感情も備えていた──芥川賞を受賞したK。それから彼の人生は一変する。 タイトルの「成功者K」とはもちろん作者の羽田「圭」介のことで、フィクションではあるのだけれど、あんなことやこんなことまで、いろいろ生々しくさらけ出していて、もしかしてこれってノンフィクションなんじゃ…って思ってしまった。

1年前

81bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1fC0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d008883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093 10
御不浄バトル

御不浄バトル

42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e

kariya

読んだり読まなかったり

ブラック企業も切り取り方によっては、 きちんと平和な日常が存在する

1年前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113488fa777 5208 42d1 a780 fcf82b0a43427e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d