41q7xp1l1ql

第153回芥川賞受賞作「早う死にたか」毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。日々の筋トレ、転職活動... 続き

コメント

絶対的な差が最後の一瞬でその立場は逆転する。そして、茨城に向かう車内の描画が情緒溢れていた。
自分の見えてる世界なんて、そんなもんで、その外にはまた、広がりがあるのことに救いと、虚しさを感じました。

その他のコメント

介護が必要な祖父と無職の孫の話
とにかく面白かった
祖父を尊厳死させようと躍起になる孫。ポテンシャルの高さが凄い
祖父の弱さはまるで自分のことを言われている様

踊らされた。
私は小学生の頃から読解力がないため本は字をなぞるだけで内容を理解していない。物語を追っているだけだ。
登場人物の心情にいちいち共感しては明るくなったり暗くなったり。
もうそろそろいい歳なのだから、まともな読み方ができるようになりたいと思った。

読者

2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a04526777e6c3b1 c70f 4af5 8c8f 91332496f56eB839f0bb b4a7 4f0a b618 c8ca8a807b06151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24159b5d0d7 efdb 4f49 85bd 375a1d54ba8593dec1e9 00e7 4b8b b7d2 15855ecd99deIcon user placeholder5f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b8 89人

羽田圭介の本

成功者K

成功者K

7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef

いさ

♡をまーるく。

☆5 芥川賞受賞作だからという理由で本を買ってくれる人たちのことをKは本当にありがたく思っているが、同時に、芥川賞受賞作にとびつくだけのミーハーな心理の総体のようなものに、復讐したいような感情も備えていた──芥川賞を受賞したK。それから彼の人生は一変する。 タイトルの「成功者K」とはもちろん作者の羽田「圭」介のことで、フィクションではあるのだけれど、あんなことやこんなことまで、いろいろ生々しくさらけ出していて、もしかしてこれってノンフィクションなんじゃ…って思ってしまった。

10か月前

C0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d008883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040930539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee 9
メタモルフォシス

メタモルフォシス

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

SM小説。想像以上に変態的だった。表題作より後半に収録されている「トーキョーの調教」のほうがアナウンサーと調教という裏表のエッジが効いてて好きだった。変態的なことも小説を通して学べる喜び。

12か月前

B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8314f7ea2 249e 4cf3 8df2 71b055189519
「ワタクシハ」

「ワタクシハ」

03e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200

たてゆき

25歳女性。東京在住

何者に続いて就活関連で読んだ。就活の苦しさを描く本は、いまの状況に感謝できるから好き。個人的には、芦花公園、前橋など、馴染みの地名が出てきて親近感。

1年前

1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706bEda3fd66 ae9b 4852 a5ce f2a705f2a6d6