41jpnf2653l

コメント

「社会」の中で、自分の好きなように生きることの難しさは誰でもわかっていること。でも、スターガールは好きに生きることをためらわなかった。純粋な彼女は「誰かの幸せ」を自由に祝福し、「誰かの不幸」を自由に悲しんだ。
「自由」誰にでもある権利だが、本当に自由な人間はこの世界に何人いるのだろう。いや、何人「存在」できているのだろう。人間は自分以外の人で溢れている「社会」の中に存在している。社会の中にはルールなどの決まりがある。物を盗まない、勝手に人の家に入らない、車は左側通行をする…しかし、そのルール以上に私たちを拘束しているのが、人と人との関わりあいの中で生まれること。
自分が存在するためには自由でいてはいけない。自由でいたら、自分はこの「世界」という陸の上からから突き落とされてしまう。そして海に沈んでもう2度と陸には上がれなくなってしまう。
スターガールは本来人間のあるべき姿なのかもしれない。だから彼女は彼女の光で自ら輝いている。だが、歪んだ関係で成り立っている彼女以外の人に、その光は眩しすぎた。自分が彼女のような光を手に入れることを求め、またそれを拒絶した。
自分の価値観、自分の世界、自分の目と耳、そして自分の心持っている彼女は、世界でたった1人の自由な人間だ。

その他のコメント

表紙の色に惹かれてなんとなく買った本。それなのに、15年経っても自分の中でずっと印象に残り続けているストーリー。個性的な彼女に恋する彼の物語。型破りな彼女の世界は魅力的で遠い。

読者

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholder91fba8d4 45a7 468d 8cab 5d9e0a246ab53e65cc95 ea01 473b b4c0 326f68b4367a05404c3e 0eae 40dd b134 92321d9257f5 5人

文芸

逃亡小説集

逃亡小説集

929e7f2b fa63 4430 870c c2505ca9f1c7

Nirirom

積み本増加中

実在の事件や出来事をモチーフに筆者独自の物語を作りあげている短編集。 前作は犯罪で本作は〝逃亡〟がテーマ。雑誌の連載として読む分には楽しめると思うが、こうして一冊にまとめられると、各物語が弱く、つまらないような気がする。価格もこのページ数の割には高いように感じた。

約18時間前

声の網

声の網

A65a3b75 57ee 4fe6 8ebe 5cfff9275cf7

str

偏食

約50年前の作品。連続12編の短編で構成されている。ネタバレになるので詳しくは書けないが、色褪せない名作。

3日前

Icon user placeholder2cc15121 f368 42ab 9585 ac81fa0f34ab1c3430c9 ee42 4990 9771 bda97041f9ac
ドアを開けたら

ドアを開けたら

92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c1

でこい。

OBK(お化け)物が好き。

アットホームサスペンスでしょうか? 楽しかったです。ムロツヨシさんとか主演でドラマ化して欲しいですね。

3日前

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b4da4ae06 6dda 4ad7 9545 7dddacac8374