51lsu9uzkgl

第二次世界大戦の転換点「スターリングラードの大攻防戦」を描く壮大な戦史ノンフィクション。膨大な資料や個人の手記、書簡、証言などをもとに史実を丹念に読み解き... 続き

コメント

前からこの戦いには興味はあったのだが内容が重たいはずなのでなかなか手が出なかったのだが...ヴァージン・グループのリチャード・ブランソンが愛読書として挙げていたので手にとってみました。独ソ戦の趨勢を決め、第二次大戦全体にも大きな影響を与えたスターリングラード攻防戦。両軍合わせて200万人以上が戦死、60万人いたスターリングラードの人口は攻防戦後1万人を割っていたという凄まじい戦い。しかもこの中にはドイツが進軍してくる途中で略奪を働いたりして犠牲にした民間人の犠牲者は含まれていない。元々なぜこの都市を巡ってそこまでの死闘を繰り広げたのか、が個人的には謎だった~モスクワやレニングラードなら分かるけども地味な街だし~のだがカフカス地方の油田を占領したかったヒトラーがその玄関口でありスターリンの名を冠したこの街の獲得に意欲を燃やしたこととあくまで街の死守にこだわったスターリンの意地の結果だということが分かる。カフカス地方を攻略したければ両軍ともに別のやり方があっただろうしここまでの犠牲を出す必要もなかったはず。それ故に全体主義と独裁制の愚かさがこれでもかと言わんばかりに伝わってくる。作者はイギリス人だからか独ソ双方をそれぞれ冷静かつ厳しい目で見ている。捕虜の過酷な運命などは目を背けたくなるし、守るべき住民がそばにいたほうが兵士も力を発揮する、と民間人の避難を許さなかったスターリンや、軍に玉砕を求めるヒトラーなどの異常な話は読んでいて苦しくなるほどだけどそれでも読み応えがありました。たしかに凄い作品。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

文学

鹿の王 4

鹿の王 4

7e6837c6 05cb 42f5 a06d 09e119c8c01c

いほり

たまに読む程度の人

文庫本になるのを待ちに待って、やっと読めた。 1から4まで一気に読むのオススメ。途中で止まると続きが気になりすぎて生活に支障が出る! ファンタジーなのに世界観が作り込まれていて、理屈に沿って読める。 主人公が若い男の子でも正義漢でも無く、中年男っていうのが主人公の心情描写に深みを持たせていて惹き込まれる。ファンタジーにありがちな綺麗事が無いのも良い。 全体を通して病(現代風で言うとバイオテロ)と戦う話で、死生観の捉え方には心を動かさざるを得ない。巻末の解説で語られる医師の方の言葉がまた面白くて、時代問わず医療の在り方の難しさを考えさせられた。面白いだけじゃなくて、学ぶことも多い一冊だと思う。

約15時間前

2a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b2b7f5262 413e 48cf a754 5576cbe66c490af01243 6ce9 4aed bdcf 9812ff2b8d39 26
何様

何様

Ce036233 bce1 4238 b04f bbda93f4d716

かな

学生です

短編集のようになっています。登場人物は『何者』に出てくる人たちなので、何者を見てからの方が楽しめると思います。 嘘のない表現で、何度も主人公たちに共感してしまいました。なぜこんなにリアルに人の気持ちを書けるのか不思議です。 学生だけではなく、様々な立場の人が楽しめる、共感できる本だと思います。

約22時間前

8f6d6436 5bfe 42c4 b7e5 9ac73f0999fd008eb2bb fe76 4f20 adf5 a5c97d2016606d15c321 7e09 4cbb a736 4d5df82d737d 49