51vspdttutl

米国政府が行っていた大量監視の実態とメディアの役割等をあのスノーデンが明快に解説。後半はスノーデンの顧問弁護士や公安事件に詳しいジャーナリストら日米の精鋭... 続き

コメント

既に私達は監視社会の中に生きている。
勿論、監視される側で。
共謀罪法案は、国家権力を強くはするだろう。
しかしそれが、私達の社会を強くするとは限らない。
専制政治化すれば、暴力的な抵抗と制圧が行われ、そこに費やされるエネルギー分、経済と生活は低下する。
そんな社会にはしたくない。

監視社会である事実を白日の元に晒したスノーデン氏のことは、「そういえばニュースになったなー」くらいの認識で、大問題になって世界中で大騒ぎになったっけな、と思い出した。
という、甘い認識で読み始めてすぐに、根本的な問題は「不法に監視されていて私のプライバシーがない」ということではないことに気付かされた。
民主主義の根底が揺らいでいる、とスノーデン氏は警告したのだ。生まれ落ちた世界が民主主義で、社会の時間になんとなく習ったよね、程度の印象しかない「私には当たり前のこと」は、真実どんなものであるのかをもう一度考えさせられる。

最後の方で紹介されるアリストテレスの言葉にはっとさせられた。
「人々が政府についてすべてのことを知っていること、これが民主主義だ。政府が多くのことを知っているが人々が政府のことを知らない、これは専制政治である。」

民主主義が根底から揺らいでいるこの世界はどこへ向かっていくのだろう。
私たちが注目し、改善し続けなくてはいけない。
日本だって秘密主義な政府だ。人ごとにしてはならない問題であったと再認識させてくれた本。

読者

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d9dedfb15 cb52 4bbc 8e3f 909e79a4bfcf6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c2f8fb362 ea7d 4890 b6b8 cf4884d5dc9fA01542c4 9efb 434f 8a1d a0fc7d11c15127dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5D9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e 11人

社会

自由って、なに?

自由って、なに?

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

その時したいと思ったことと、よく考えてしようと決めたこと、ふたつをきちんと区別する。いつでもしたいようにするのが自由?いま、好きな事ばっかりしてて、この先もずっと自由でいられるのかな?自由って何なのか?それは、一生かけて考えてゆくことなんだ。って頭に入れておくこと。自由の中身は、歳をとるにつれて変わるんだって気づくこと。

1日前

日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

D8b1ff54 8311 4c85 9d91 145cfddde172

会社員の書店員 りた子

会社員として人事を担当しています…

『日本人の勝算』 -高齢化×人口減少が同時に起きている問題提起から、衰退しない為に注力すべき点が分かり易く示されている一冊でした。 中小企業として優秀な人・資本が分かれている現状から統合し所得の向上やリカレント教育の必要性について理解が深まりました。

1日前

85dd28ba 746e 43ae 834a b608569d3bb8Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f304671285 e21f 4060 903f f2bd9991a743
ちろりん村顛末記

ちろりん村顛末記

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29

田中 七緒

言葉が好きです。

古いお話ではありますが まだ、雄琴にはネオンがあり 人間模様がずっとそこに生きている。 時代が生んだ、だけじゃ片付けられない いつの時代も、欲は尽きないものですね。

2日前

中国の大問題

中国の大問題

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

misumi

30代

中国の労働者から富裕層、政治家まで 筆者の豊富な経験で具体的な現状を学べる(数年前のだが)

11日前