51vspdttutl

米国政府が行っていた大量監視の実態とメディアの役割等をあのスノーデンが明快に解説。後半はスノーデンの顧問弁護士や公安事件に詳しいジャーナリストら日米の精鋭... 続き

コメント

既に私達は監視社会の中に生きている。
勿論、監視される側で。
共謀罪法案は、国家権力を強くはするだろう。
しかしそれが、私達の社会を強くするとは限らない。
専制政治化すれば、暴力的な抵抗と制圧が行われ、そこに費やされるエネルギー分、経済と生活は低下する。
そんな社会にはしたくない。

監視社会である事実を白日の元に晒したスノーデン氏のことは、「そういえばニュースになったなー」くらいの認識で、大問題になって世界中で大騒ぎになったっけな、と思い出した。
という、甘い認識で読み始めてすぐに、根本的な問題は「不法に監視されていて私のプライバシーがない」ということではないことに気付かされた。
民主主義の根底が揺らいでいる、とスノーデン氏は警告したのだ。生まれ落ちた世界が民主主義で、社会の時間になんとなく習ったよね、程度の印象しかない「私には当たり前のこと」は、真実どんなものであるのかをもう一度考えさせられる。

最後の方で紹介されるアリストテレスの言葉にはっとさせられた。
「人々が政府についてすべてのことを知っていること、これが民主主義だ。政府が多くのことを知っているが人々が政府のことを知らない、これは専制政治である。」

民主主義が根底から揺らいでいるこの世界はどこへ向かっていくのだろう。
私たちが注目し、改善し続けなくてはいけない。
日本だって秘密主義な政府だ。人ごとにしてはならない問題であったと再認識させてくれた本。

読者

Bf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d9dedfb15 cb52 4bbc 8e3f 909e79a4bfcf6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c2f8fb362 ea7d 4890 b6b8 cf4884d5dc9fA01542c4 9efb 434f 8a1d a0fc7d11c15127dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5D9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e 11人

社会

絶歌

絶歌

Fce3ad3b e015 45f6 bf7b dad46c002c7b

くろま

無知は怖い

わざわざ難しい言葉を選び 例えがとても多く表現されている作品だと感じた (『まるで〜のようだ』など。) " 私は賢いのだ "、と率直に書いているわけではないが そう言いたいのかな、と思わされる 内容としては 言い訳、正当化しているだけのような気がしてならない。 犯罪を犯す人の考え、理由などを知る資料としては 使える? 複雑な気持ちになる作品でした。

2日前

2251c20b 627d 4049 9fb3 fa8ea0209ea47fce8781 13dc 4e0c a5af d59a0310ec51Icon user placeholder 23
ヒトは「いじめ」をやめられない

ヒトは「いじめ」をやめられない

7aa0ace2 6c5f 4d24 9e14 67ada5f7e656

ちーさんぽ

いつでも活字を持ち歩きたい。

 結束力・団結力が強固な集団ほどいじめ発生リスクを孕んでいるということが、とてもわかりやすく書かれている。とくに脳の発展途上にある子供は、理性や道徳のみでは歯止めが効かず、深刻化しやすい。続く後半は具体的な対策例が挙げられている。  どうやら人は、いじめ(バッシング)によってドーパミンを放出し、快感を得ているらしい。  子供に対してはどう教え諭すか、大人の自分自身はどういう心がけが必要か、ただ「いけないこと」として言い聞かせるのでは、これまでと同じ。誰も(サイコパスは除いて)が加害者になり得る可能性があるならば、時々自分を客観的に、偏りのない視点で振り返る必要があると感じた。

17日前

C4dcbd2a d953 41e9 8014 dd3fce0f512aF0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604Dcf61970 73a0 43c7 9e6e dc5f81da5c6b 17