51p57th%2b42l

永久保証、安売りナシ、熱狂的ファン。アップルも見学にくるアウトドア世界企業。カリスマ社長、初めての著書。 続き

コメント

ブランドとはなんぞや。ブランドをつくるチームをつくるにはどうすればいいんだろうと思って手に取った本。つまるところ、その商品やサービスが好きで好きで突き詰めるところだなと思った。

その他のコメント

そう言えば、前に読んで山井さんの仕事に対する考え方がとても感銘を受けた。

時々、読み返してる

新潟の金物屋からスタートしたサクセスストーリー

読者

Picture57d9fb16 4562 4be2 808a 4eff17e74227232cd860 a63b 4afe 8ecd e6427c4d0a064f3b525f 5ff2 4fa8 9a5a 86fc53d2af4e307eef99 fb35 48c8 911f 426e97a738f9Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd4086bbc20f c5ee 4cab 8b11 3bc7cfdf22d2 7人

新刊

卵を買いに

卵を買いに

1c3c0270 37e1 4aba b963 81e66d29685e

現代小説、エッセイ、詩歌を中心に…

素朴であたたかみのある表紙と気になる帯に惹かれて購入。度々挟まれる政治色のつよい文章に予想していなかったため少し身構えてしまったが、可愛い犬のゆりねちゃんと、ページから美味しそうな香りのするごはんのエピソードには大変癒され、そして腹ぺこになってしまった。ゆりねバーグ、気になる木……。

約9時間前

東大生となった君へ 真のエリートへの道

東大生となった君へ 真のエリートへの道

Dfbcd904 29e3 41d0 b62e 6b27cbb64843

健斗

大学院1年生

日本では「エリート」という言葉はネガティブな文脈で語られることが多い。それはエリートという言葉の意味を本当に理解していないからこそ起こる現象なのかもしれない。勉強ができる、知識がある。それだけではエリートとは呼べない。より多面的にエリートといわれる人間に求められるもの、そしてその習得方法を端的に教えてくれる良書。

約10時間前

負け逃げ

負け逃げ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

沢山の本が読めますように。

連作短編。「僕の災い」「ふるさとの春はいつも少し遅い」が良かった。

1日前

孤独論: 逃げよ、生きよ

孤独論: 逃げよ、生きよ

341db26c 9db5 455e a9ee 9062830903a3

なぜかボブ

芥川賞作家などよく読みます

一人でいることが好きな習性と孤独は違うと思う。田中さんのいう孤独論はどちらかというと一人でいることの勧めであった。

1日前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deEfcf6eeb f774 4dbe 9d59 ff4b87d0d146 12