61qyynsu4ol

麻美の彼氏の富田がタクシーの中でスマホを落としたことが、すべての始まりだった。拾い主の男はスマホを返却するが、男の正体は狡猾なハッカー。麻美を気に入った男... 続き

コメント

彼氏の富田がスマホを落としたことをきっかけに、黒髪の美女、稲葉麻美は拾い主の男から狙われてしまう。富田のスマホをきっかけに、麻美の個人情報は次々に丸裸にされていく。一方で神奈川県警の加賀谷・毒島は丹沢の山の中から黒髪の女性の死体を次々と発見する・・・という話。

まずタイトルが怖すぎる。
読む前に色々想像してしまったが、内容はその上をいっていた。
麻美がジワジワと追い詰められていく様子は何とも言えない迫力があった。
そして何より、スマホが悪意を持つハッカー(厳密にはクラッカー)の手に渡ることで、どれほどのことができてしまうのか、思い知らされた。

「スマホや携帯は諸刃の剣だ」という言葉が印象に残った。間違ってもその辺に気安く放置して良い物ではない。

映画の予告を見て面白そう!と思い手をつけました。
刑事の視点と被害者の視点と犯人の視点が交互に繰り返されるので状況を理解しやすいです。
スマホ、SNSといった題材が身近に感じられ自分の身にも起こりそうでなんだか怖い。パスワードの入力を求められたり意味不明なチェーンメールが来たりすることは日常茶飯事だもの、、、
ネット犯罪に無頓着な、自分の身には起こるわけがないと思っている人は特に狙いやすいんだろうな。
普段から勉強しておこうと思いました。
途中からこの人怪しいなーというのはありますが、別の部分でまさかの種明かし。
今やスマホは最高ランクの個人情報源ですね。

途中、二時間サスペンスを読んでいるみたいな感覚。
サクサクと読めるけれど、その分サスペンス好きには展開が分かってしまう。
裏切りが続くので後半はちょっとしんどかった。
ラストでもう少し、、、って感じてしまったけれど
映画、観てみようと思いました。

なんか先読めるなぁと思って読んでいたら、最後にやられた。一読の価値あり。

帯の衝撃のラストが気になり過ぎて前半がもどかしくなかなか読み進まなかったが、中盤から一気に読み終わるまで入り込んでしまった。

確かに衝撃のラストだった。
デジタルが話の中心にある中で、そういう落ちに持っていくのかという点も面白かった。

2018/10/05 読了

ふらりと立ち寄った(いつものこと)書店で見かけて、気になったので購入。いやいや、面白い。こう、じわじわと追いつめられるのは恐ろしいことですね。
映画になるようですね。ひょっとしたら、映画館で予告編でも見て、それが頭の中に残っていたのかもしれません。もしもそうなら、広告って怖いなぁ。
「あなたの全てを知っている存在、それはスマホです」

読書が苦手な人でもこのミス大賞に選ばれただけあって、さくさく読めると思う。
思ってた内容とは少し違ったけど、読み終わると自分が実際に体験したかのような錯覚に陥いっていい意味で疲れる…(笑)
最後の方にあるiPhone独自の機能を使う場面が個人的にお気に入りです。ぜひ読んでください。

映画になるとは知らずに購入し
読み進めてました 。

刑事 、主人公 、犯人視点があるのは
おもしろかったですが
たまにごちゃごちゃになってしまったので
その点は映画の方が面白いのかな?
って思いました!( ˶˙ᵕ˙˶ )

前半中盤はこれといって進展がなかったので
「ん 〜 …」って感じでしたが
後半はとても読み応えあり一気に
読み進められました (◜ᴗ◝ )

わたしは小説派なので映画は多分
見ないと思いますが
定期的に読み直したいな 、とは
思えない作品でした(‪( ;ᯅ; )‬

読者

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737B02f0712 22c7 4836 acc4 b1ab8f55428bA7bc81dc 68c0 4826 84ca 88d8c99b99bb8878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf316933e980f d1eb 4661 943e ed2867259606763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f46044ea7c35 602f 43d1 8568 f0d96ec7fa9684c62c73 b6de 4cc9 a7fe eace05387253 96人

文学

ソナチネの木

ソナチネの木

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184

ひろむ

月に7冊以上、年間では85冊読破…

2019/3/26読了 星はこれいじょう 近くはならない それで 地球の草と男の子は いつも 背のびしている (p33) この詩が一番好きかなぁ。 安野光雅さんの絵は見開きで見るように描かれていて、それでいて隣同士のページの詩が必ずしも同じモチーフなわけでもないのに、絵の効果なのか連続して流れている心地よさがある。 この本がきっかけで、岸田衿子さんの他の本も気になり出した。

約10時間前

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920
OUT

OUT

96bcd5f9 c5d7 4f8b 9da0 c858df1bb70a

sukiyakicandy

essayを書かないといけないの…

はじめまして、私は留学している高校生なのです。 桐野夏生さんの本は読んだことがないのですが、 桐野夏生さんのoutを読んでessayを書くという宿題があって、印象に残った場面など、教えて頂きたいのですが、可能でしょうか。

1日前

Icon user placeholderE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a 8
ファーストラヴ

ファーストラヴ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

家族の中の常識でがんじがらめになってしまう子供。誰にも知られることがなく、病んだ大人になってしまう。 出逢わなければならない相手に、出会えなかった子供。 事件に絡めて真壁先生の人生が語られて、読者を引っ張っていると思う。 出会えた人と出会えなかった人の対比が虚しかった。 事件を多方面から問題定義しています。 以外に読後感はスッキリです。

2日前

A9a32416 732b 4ca3 9502 561a460f9958Ea490884 4b10 49c4 9084 b1c9aee2667d5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1 81
解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯

解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

広島出身/精神科医/カープ/競馬…

これほど奇想天外な解剖医・外科医が実際していたとは。最期まで既存の枠に収まらず学界と社会を振り回しながらも高い賞賛を得たハンターの生き様は刺激的。 ただ、解説は読まなきゃよかったと思うくらいヒドイ。

3日前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cCf2dc2ce 72f8 4bea bdce 9bb0886adbf6F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113