516aykpdddl

コメント

旅の途中、能代を通り過ぎて、
冬にバレエのレッスンに向かうバスを待つコンビニで、
クライマックスを読んだのを思い出した。
バレエは、これ以上頑張ってもどうにもならない自分の限界地点に来てた、というか、努力できないな、って気持ちに支配されていたから、
この人たちは、なんでこんなにかっこいいんだろうか、と思ってた気がする。

その他のコメント

この漫画みんなそれぞれコンプレックスを抱えて苦しんでるのを、あんまり表に出してないとこがいいな、と思います。

個人的に魚住がウドの大木扱いされて泣いてるとこに監督がいい言葉をかけてあげるシーンがすごく好き!

読者

325bfbbb 8a07 417e aefd fab911f5fb0677f51409 4b4d 4122 9a71 3913d352d3f41f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc565851b56cd93 4dda 4d56 a4d9 063aa1146824Ba324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db458ec15998 31fb 4322 971a 681e35d99deaB07b52bc 8112 4408 ad61 9327639e17133a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43 18人

井上雄彦の本

REAL 13

REAL 13

0c02a8cb e5ac 40da 8ba5 4c37dd168de8

Roko

面白い本を探しています。

スコーピオン白鳥さん、あなたは偉大です!

3年前