5140ysevs4l

書店という現場の可能性を再発見する「書店員必携の書」。お客様の無意識を読み解き、仮説を立て、仕入れ、店の売上を伸ばす。その起点となる「スリップの読み方」を... 続き

コメント

著者の久禮さんが本屋さんで働いていた頃から行っている手法、本に挟まっているスリップを活用し、そこから本の発注数やお客さんの店内の動線、この本を買ったお客さんはこの本を買うかもといった予想などスリップから色々なアイデアを生み出していく方法が載っている本。書店員ではない僕が読んでも楽しめるのかと思いましたが、書店員さんの手の内、頭の中で考えていることに触れることができ、スリップの活用方法で紹介されている本が結果的に読書案内として読むことができるなと。本屋さんで買う側の人も読むと色々発見があるのではと。

POSデータ全盛の時代にあえてスリップを活用するとはアナログなと思いきや実はシステマチックな仕事ぶり。実際のスリップを使って解説しているのでわかりやすい。どうしても受身になりがちな仕事の中でいかに能動的に働くか。著者がたどり着いたスリップ活用術はあゆみブックスの流れからとはいえ試行錯誤の上に生み出した独自性と妄想ぶりが面白い。本文中にも触れられているが読書量というよりも書誌データの膨大な読書量と経験から来る結び付きをいかに展開するか。「スリップはアクセルでPOSデータはブレーキ」とバランスを取る仕事ぶり。「愛国本の売れ筋を積む事も書店の重要な仕事だと考える」とは全く思わないけど。

本のスリップは現在POSデータ化によって『不要な紙』とされ、心当たりアニメイトでは、一切スリップを抜かずに購入者へ渡る。心当たりのアニメイトは取り扱う品目が多岐にわたり、商品管理はJANコードで統一している点は仕方がない話。本屋ではどうなの?ってくると、スリップはアナログなビックデータにするチャンスになるのだ(昔コミックを買った時、本屋のおばあちゃんからこれが無いと、本がまた入って来ないって言ってた記憶がある)。まず本の受注。そして買ったひとを、個人特定しない限りでスリップ記録すればどんな人が呼んでるのかが分かってくる。以前、『本屋はじめました(Title創業記)』読んだ時にPOSは使わないとあった。規模的に行き渡ることもあるが、スリップで何を買ったかを残していることも使わない理由になっているのだろう。スリップは活かせば見えるビックデータになるのだと印象付けられる。

読了。「野球ノート」よろしく「書く」ことが力になる物語を紐解こうと。書店メインではなくとも取り扱いをしていたこともあり、短冊には触れてきたが「すでに書籍の諸情報が書かれたメモ用紙」が存在してるって豊かなことだなあと思う。読書用にもひとつ版元さん用意してくれたりしませんかね?

読者

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac29464afb 595b 402c a513 a16191529b21F5a1d64f b949 49a2 97d6 2c704537cff098890aaf 2d07 4311 8d59 aca2df815a606ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd25684d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dc1e1f4919 17ab 4ba2 91ab c2f77d46da4cC2989750 b708 44a7 8e24 715bfdb978c3 25人

人文

世界最強組織のつくり方

世界最強組織のつくり方

3144b024 f5b9 405d 9085 e2f6e3eccf3e

おおなまず

重度の書痴(ビブリオマニア)

その辺のビジネス書とは一味違うマネジメント論理。何せ、この組織はHIV、結核、マラリアの三大感染症を相手に、公的私的を問わず資金を集めてきて闘う国際組織。そこでは、徹頭徹尾実践的な「マネジメント」が求められる。医療福祉という結果が数字で読みにくい分野で、どのように目標を設定するか。説明責任(accountablity)と実行責任(responsibility)との差異。組織の目的と、個々人の働きをどう結びつけるか。ステークホルダー全員を動かして、プロジェクトを遂行するという断固たる意志と行動力に支えられて彼らは今日も任務を遂行する。組織論としても大変示唆に富む内容。

約8時間前

試験に出る哲学―「センター試験」で西洋思想に入門する

試験に出る哲学―「センター試験」で西洋思想に入門する

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

なぜか哲学のことを知りたい、という欲求が昔からあって…たまーにそういう本を買ったり借りたりするのだけどもいつもちんぷんかんぷんで...お恥ずかしながらようやく気がついたのはいきなり哲学者の本を読んでも理解できない、ということでやはり入門書から読んでみようと思ってまず手にとって見たのがこれ。タイトルこそふざけた感じだけど個人的にかなり優れた書物と思っている「哲学用語図鑑」の監修者が書いたものということがわかったので読んでみましたがこれがあたり。センター試験の倫理で過去に出された問題を取り上げて、設問の意味をわかりやすく解説してくれているのでようやくこういうことだったのか、と少し理解ができたように思うのと巻末の参考書籍一覧が非常に良かった。ここからさらに入門的なものを読んでいきたいと思います。哲学が分かったからどうなるのか、についてそもそも分かっていないのだけど(笑)

1日前

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c
「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存

「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

教科書にはもちろんWikipediaにもそもそもほとんどの人の記憶にも残っていない小説の世界を取り上げた本。日本の識字率の高さ故と思われるが明治期には大量の大衆向け小説が出版されており絶大な人気があったのだという。その黎明期の作品をいくつか取り上げてあらすじを紹介してくれているのだが…これがものすごい作品のオンパレード。娯楽作品の発達の段階が垣間見えるというか…。初期はストーリーを考える力がないので講談を速記したものだったらしい。それが需要に応えるべくだんだん創作に走るようになって最初は人物像系も難しいからか豊臣方の真田幸村とか後藤又兵衛が主人公だったりするのだけど、史実との整合性に悩んでようやく架空の人物を創作しだす、という流れ。基本的な問題解決法が全て暴力なので主人公はどんどん超人になっていき、あまりにも腕っぷしが強いので身長より肩幅が広く胸板も厚いため立方体になったヒーローがいるとか(笑)黎明期とはこんなものかと思うのですが伏線は忘れられ放置されひどいものになると主人公が途中で死んで別の主人公にすり替わったりするものもあるらしい…などとても興味深く読みました。この時代に現代にも通じる小説を書いていた漱石などのいわゆる文豪は本当にすごいんだな、ということとやはり純文学だけでは世間のニーズは満たせないのだな、とも思いました。ちなみにタイトルは明治期に流行ったバンカラ(ハイカラの反語、粗野や野蛮に振る舞う人のこと)な主人公が「野蛮ということでは本場」のアフリカ人とともに…という現代では絶対に出版できないような作品のことである。いやいや面白かったです。

1日前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe41d7de49 f808 45b4 8d23 529bc0481280B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4 8