5140ysevs4l

発行元から

書店という現場の可能性を再発見する「書店員必携の書」。お客様の無意識を読み解き、仮説を立て、仕入れ、店の売上を伸ばす。その起点となる「スリップの読み方」を113枚の実例を素に具体的に解説。「書店の棚づくりの発想法」を知りたい読者も必読の書。

目次

まえがき
第1章 入門 僕はどうやってスリップに出合ったか(初体験
帰りの電車内で読む
「チンタラ仕事」を見直すきっかけ
新人に教える仕組みは
スリップとはそもそも何か
役割は終わった?)
第2章 基礎 書店員24時「いつ、どこでスリップに触る」(起きてから店に着くまで
開店前
「雑誌スリップ」の使い方
「必備スリップ」の機能
正午のレジでスリップを見る
休憩時間にしていること
なぜ店内を「回る」のか
15分間の新刊講評
遅番にしてもらうこと
発注作業
家に帰るまでの間に
書店員の休日)
第3章 実戦 スリップ60セット113枚にメモを書く(A 備忘のために
B 業務連絡
C 連想の引き金
D 読者像を描き出す)
第4章 応用 POSとの連携(POSは「なぜ」便利なのか
1 書目ごとの売上数を調べる
2 毎日の新刊を漏らさずチェックする
3 他店のジャンル別売上一覧
4 自店の売上金額やその内容を、時期ごとに比較する
「昨対プラス10万円」の作り方
5 スリップから得た仮説の検証
6 スリップで気になったキーワードから既刊を掘り出す
他に使ったほうがいい電子情報)
あとがき

人文

0秒で動け

0秒で動け

9839c5b3 5567 4922 ba28 1d580f233c21

edok

ビジネス本中心に乱読してます

軸の上に志がある 軸を作れば、0秒で動ける 軸は価値観と過去の経験から成るもの、探るものである

約19時間前

哲学的な何か、あと科学とか

哲学的な何か、あと科学とか

B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4

cova

読んだあとに余韻が残る本が好き

電波や位置情報サービスの精度向上をしている最中なので、量子力学の話(観測したところが位置であって観測しなければ位置は分からない)が、そう!そうなんだよ!となった。 最後のストーリーはこわくなったが、ボクという意識について考えたことがあるので、結論としては分からないっていうことになるけど、あるんじゃないかなぁと思っている。 ココロ、イシキ。 ボクとは。 どこで、だれだ?

3日前

Icon user placeholder01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a3bdd9fe2 4cf5 4c23 97bd 8dc3a486278d 14
7袋のポテトチップス

7袋のポテトチップス

56a03690 63b8 4975 853f fac13092849b

Misatyu

本の匂いが好き

あとがきから読むといいと思う。読み終わったら、食に対して敬虔な気持ちが湧いてくる。周りに勧めまくってます。

4日前

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholder
静寂とは

静寂とは

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

〝静寂とはなにか〟この書物に回答はありません。なぜなら、自らを静かなる場所へ導き思索すること。静けさの中で各々が見つけ出すこと。それこそが著者が考える静寂であるからです。素敵な良書に出会いました。

5日前