5140ysevs4l

発行元から

書店という現場の可能性を再発見する「書店員必携の書」。お客様の無意識を読み解き、仮説を立て、仕入れ、店の売上を伸ばす。その起点となる「スリップの読み方」を113枚の実例を素に具体的に解説。「書店の棚づくりの発想法」を知りたい読者も必読の書。

目次

まえがき
第1章 入門 僕はどうやってスリップに出合ったか(初体験
帰りの電車内で読む
「チンタラ仕事」を見直すきっかけ
新人に教える仕組みは
スリップとはそもそも何か
役割は終わった?)
第2章 基礎 書店員24時「いつ、どこでスリップに触る」(起きてから店に着くまで
開店前
「雑誌スリップ」の使い方
「必備スリップ」の機能
正午のレジでスリップを見る
休憩時間にしていること
なぜ店内を「回る」のか
15分間の新刊講評
遅番にしてもらうこと
発注作業
家に帰るまでの間に
書店員の休日)
第3章 実戦 スリップ60セット113枚にメモを書く(A 備忘のために
B 業務連絡
C 連想の引き金
D 読者像を描き出す)
第4章 応用 POSとの連携(POSは「なぜ」便利なのか
1 書目ごとの売上数を調べる
2 毎日の新刊を漏らさずチェックする
3 他店のジャンル別売上一覧
4 自店の売上金額やその内容を、時期ごとに比較する
「昨対プラス10万円」の作り方
5 スリップから得た仮説の検証
6 スリップで気になったキーワードから既刊を掘り出す
他に使ったほうがいい電子情報)
あとがき

人文

東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方

東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方

C5fbd4c8 2e88 4b15 9411 a45874df54af

TOMO

Book

15ページ アインシュタインの 「I have no special talent. I am only passionatly curious. 私に特別な才能などない。ただ、情熱的と言えるほどに好奇心が旺盛なだけ。」 という言葉がグッときた。 考える力、について、体系的に説明されていてわかりやすい。「問題を見つける力」という時点で、多くの社会人が課題を抱える。見つけられない、見つけているが動かない/動けないと思い込んでいる、など。 場所:蔦屋代官山

約3時間前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113D62d46f7 a6e9 4fea a03b 9e87df05ce03
感情の発達と障害―感情のコントロール―

感情の発達と障害―感情のコントロール―

F278bd7d d688 4054 8301 14d6a8fe87d8

euro

大好き!読むべき!というコメを見…

★5 感情が豊かで他者に共感できて、怒りを適切にコントロールできて…などの、主に対人スキルの獲得について書かれた本。親と子供の関係性が、その子供の社交性に大きく影響する。感情が未成熟な親を持つ子供は同様な問題を持ちやすい。子供への接し方、育て方のヒントが詰まっている。また、生きづらさを抱えている人にとっては、何らかの気づきが得られるかもしれない。文章にも信頼感があって良書だと思う。

1日前

坐禅の意味と実際―生命の実物を生きる

坐禅の意味と実際―生命の実物を生きる

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

エコノミックアニマル。今俺たちは、生命の実物としての自己ではなく、他との関係において外的に規定された自分、生きているしばらくの間の着物を生きている。絵を描く事がすきで、描きたいから描く。それだけで満足。それなのに、すきな絵を描いて、その絵が売れないからといって泣き顔するのは欲張り。誰でも先祖からの財産からの財産があるのが当然だと思うとすれば大間違い。有ること難し。

2日前