5140ysevs4l

書店という現場の可能性を再発見する「書店員必携の書」。お客様の無意識を読み解き、仮説を立て、仕入れ、店の売上を伸ばす。その起点となる「スリップの読み方」を... 続き

コメント

著者の久禮さんが本屋さんで働いていた頃から行っている手法、本に挟まっているスリップを活用し、そこから本の発注数やお客さんの店内の動線、この本を買ったお客さんはこの本を買うかもといった予想などスリップから色々なアイデアを生み出していく方法が載っている本。書店員ではない僕が読んでも楽しめるのかと思いましたが、書店員さんの手の内、頭の中で考えていることに触れることができ、スリップの活用方法で紹介されている本が結果的に読書案内として読むことができるなと。本屋さんで買う側の人も読むと色々発見があるのではと。

その他のコメント

POSデータ全盛の時代にあえてスリップを活用するとはアナログなと思いきや実はシステマチックな仕事ぶり。実際のスリップを使って解説しているのでわかりやすい。どうしても受身になりがちな仕事の中でいかに能動的に働くか。著者がたどり着いたスリップ活用術はあゆみブックスの流れからとはいえ試行錯誤の上に生み出した独自性と妄想ぶりが面白い。本文中にも触れられているが読書量というよりも書誌データの膨大な読書量と経験から来る結び付きをいかに展開するか。「スリップはアクセルでPOSデータはブレーキ」とバランスを取る仕事ぶり。「愛国本の売れ筋を積む事も書店の重要な仕事だと考える」とは全く思わないけど。

本のスリップは現在POSデータ化によって『不要な紙』とされ、心当たりアニメイトでは、一切スリップを抜かずに購入者へ渡る。心当たりのアニメイトは取り扱う品目が多岐にわたり、商品管理はJANコードで統一している点は仕方がない話。本屋ではどうなの?ってくると、スリップはアナログなビックデータにするチャンスになるのだ(昔コミックを買った時、本屋のおばあちゃんからこれが無いと、本がまた入って来ないって言ってた記憶がある)。まず本の受注。そして買ったひとを、個人特定しない限りでスリップ記録すればどんな人が呼んでるのかが分かってくる。以前、『本屋はじめました(Title創業記)』読んだ時にPOSは使わないとあった。規模的に行き渡ることもあるが、スリップで何を買ったかを残していることも使わない理由になっているのだろう。スリップは活かせば見えるビックデータになるのだと印象付けられる。

読者

29464afb 595b 402c a513 a16191529b21F5a1d64f b949 49a2 97d6 2c704537cff098890aaf 2d07 4311 8d59 aca2df815a606ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd25684d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dcAd3ae76a 3b67 463f 9b48 b1a8fc937383C2989750 b708 44a7 8e24 715bfdb978c304ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca 24人

人文

ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと

ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと

Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92

Ritsuko

本の街 神保町で働いています。

・反省しない(今を生きているから) ・時間の観念が薄い(でも腕時計は大好き。ファッションとして笑) ・所有欲を捨て等しく分け与える(だから人のものは自分のもの。勝手に使う笑) ・アナキズム以前のアナキズム(森に生きて森に学ぶから、学校はいらない。国家政府への反発というわけではない!) などなど ボルネオ島プナンの人々を知ることで、固定観念を手放して頭をリセットしよう!

3日前

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794
儒教・仏教・道教 東アジアの思想空間

儒教・仏教・道教 東アジアの思想空間

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

難しそうな表紙ですがとても読みやすい! この本のコアは「はじめに」に書かれている “(東アジアでは)儒教と仏教と道教がごたごたまぜまぜになっている。純粋ではない。けれどゆたかさがある。そしてこれこそが宗教というものの現実の姿ではないか” というところだと思います。 たしかに、宗教観に対して“ゆたかさがある”って素敵な言い方! 特に日本は、ヨーロッパのように強くて純粋に尖った宗教が必要になったことがないから、中国フィルターを通した海外の思想を受け取りながら、プリミティブな信仰も生き延びて、広く浅く楽しく、ってなっていったんだろうなぁ。(ただ、今はすべての行事が経済崇拝に傾きすぎてる気もしてどうかな〜という感じ)

4日前

726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa1e251ad4 6e1a 4aaf be54 1a999663ecf7
君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa

高橋太介

最近読書の素晴らしさに気がつき、…

本書の対象年齢は小学校高学年からとありますが、今を生きる大人にこそ読んでもらう価値があると思います。 主人公・コペル君はもちろん、その友達の成長には胸打つ覚悟や輝かしい希望を感じます。 その一方で、その子どもたちを見守る大人の姿勢はどうなのかと感じさせられました。特に、おじさんの学びへの気構えにははっとさせられました。言うことを聞かせることが教えることではなく、本人の意志が込み上げる物こそ真に支えてやることこそ、大人の役目なのではないかと。

5日前

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本

大人の語彙力が使える順できちんと身につく本

F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1

chisato

旅好き

このアプリで見つけて読んだ本です。以前にも語彙力系の本を読んだことがあるのですが、思っていたのと違ったため再チャレンジ。 この本はメールや公式の場などで使える言葉が多数載っており、かなり実践的な本だと思います。私はこの本から独壇場はもともとは間違った日本語でいつの間にかこれが正しくなってしまったとはじめて知りました。 電子書籍で購入してしまいましたが、会社の机に置いておきたい一冊だなと思いました。謝罪メールには一役買ってくれるだろうなー。。

6日前

Icon user placeholderEa58a10e d173 4107 800c a316ef4dc06427975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41 31