5140ysevs4l

書店という現場の可能性を再発見する「書店員必携の書」。お客様の無意識を読み解き、仮説を立て、仕入れ、店の売上を伸ばす。その起点となる「スリップの読み方」を... 続き

コメント

本のスリップは現在POSデータ化によって『不要な紙』とされ、心当たりアニメイトでは、一切スリップを抜かずに購入者へ渡る。心当たりのアニメイトは取り扱う品目が多岐にわたり、商品管理はJANコードで統一している点は仕方がない話。本屋ではどうなの?ってくると、スリップはアナログなビックデータにするチャンスになるのだ(昔コミックを買った時、本屋のおばあちゃんからこれが無いと、本がまた入って来ないって言ってた記憶がある)。まず本の受注。そして買ったひとを、個人特定しない限りでスリップ記録すればどんな人が呼んでるのかが分かってくる。以前、『本屋はじめました(Title創業記)』読んだ時にPOSは使わないとあった。規模的に行き渡ることもあるが、スリップで何を買ったかを残していることも使わない理由になっているのだろう。スリップは活かせば見えるビックデータになるのだと印象付けられる。

その他のコメント

著者の久禮さんが本屋さんで働いていた頃から行っている手法、本に挟まっているスリップを活用し、そこから本の発注数やお客さんの店内の動線、この本を買ったお客さんはこの本を買うかもといった予想などスリップから色々なアイデアを生み出していく方法が載っている本。書店員ではない僕が読んでも楽しめるのかと思いましたが、書店員さんの手の内、頭の中で考えていることに触れることができ、スリップの活用方法で紹介されている本が結果的に読書案内として読むことができるなと。本屋さんで買う側の人も読むと色々発見があるのではと。

POSデータ全盛の時代にあえてスリップを活用するとはアナログなと思いきや実はシステマチックな仕事ぶり。実際のスリップを使って解説しているのでわかりやすい。どうしても受身になりがちな仕事の中でいかに能動的に働くか。著者がたどり着いたスリップ活用術はあゆみブックスの流れからとはいえ試行錯誤の上に生み出した独自性と妄想ぶりが面白い。本文中にも触れられているが読書量というよりも書誌データの膨大な読書量と経験から来る結び付きをいかに展開するか。「スリップはアクセルでPOSデータはブレーキ」とバランスを取る仕事ぶり。「愛国本の売れ筋を積む事も書店の重要な仕事だと考える」とは全く思わないけど。

読者

4d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dcAd3ae76a 3b67 463f 9b48 b1a8fc937383C2989750 b708 44a7 8e24 715bfdb978c304ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88caEba711c7 0bf3 471f 88fc 8473883b197fE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed46502914a 62b7 4fcf b2d0 51bd350ec7569cb5d531 ec86 41de 8da4 8e41f4518809 21人

人文