5140ysevs4l

書店という現場の可能性を再発見する「書店員必携の書」。お客様の無意識を読み解き、仮説を立て、仕入れ、店の売上を伸ばす。その起点となる「スリップの読み方」を... 続き

コメント

読了。「野球ノート」よろしく「書く」ことが力になる物語を紐解こうと。書店メインではなくとも取り扱いをしていたこともあり、短冊には触れてきたが「すでに書籍の諸情報が書かれたメモ用紙」が存在してるって豊かなことだなあと思う。読書用にもひとつ版元さん用意してくれたりしませんかね?

その他のコメント

著者の久禮さんが本屋さんで働いていた頃から行っている手法、本に挟まっているスリップを活用し、そこから本の発注数やお客さんの店内の動線、この本を買ったお客さんはこの本を買うかもといった予想などスリップから色々なアイデアを生み出していく方法が載っている本。書店員ではない僕が読んでも楽しめるのかと思いましたが、書店員さんの手の内、頭の中で考えていることに触れることができ、スリップの活用方法で紹介されている本が結果的に読書案内として読むことができるなと。本屋さんで買う側の人も読むと色々発見があるのではと。

POSデータ全盛の時代にあえてスリップを活用するとはアナログなと思いきや実はシステマチックな仕事ぶり。実際のスリップを使って解説しているのでわかりやすい。どうしても受身になりがちな仕事の中でいかに能動的に働くか。著者がたどり着いたスリップ活用術はあゆみブックスの流れからとはいえ試行錯誤の上に生み出した独自性と妄想ぶりが面白い。本文中にも触れられているが読書量というよりも書誌データの膨大な読書量と経験から来る結び付きをいかに展開するか。「スリップはアクセルでPOSデータはブレーキ」とバランスを取る仕事ぶり。「愛国本の売れ筋を積む事も書店の重要な仕事だと考える」とは全く思わないけど。

読者

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac29464afb 595b 402c a513 a16191529b21F5a1d64f b949 49a2 97d6 2c704537cff098890aaf 2d07 4311 8d59 aca2df815a606ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd25684d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dc1e1f4919 17ab 4ba2 91ab c2f77d46da4cC2989750 b708 44a7 8e24 715bfdb978c3 25人

人文

敏感な人や内向的な人が楽に生きるヒント

敏感な人や内向的な人が楽に生きるヒント

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

敏感な人。五感や、自他の心の動きを過度に察知する人。 内向的な人。興味関心が他人より自己に向きやすいひと。 こういうタイプの人間に対して呼びかけるようにして、学術的な内容がものすごく平易に書かれた本。 自分がこういう人に該当するのか探る心理テストつき。 あー内向的でいいんだあ。 あー敏感でいいんだあ。 しゃあないねんなあ。 って思えて、 生きるつらさをほんのちょっとだけ、自分発見の歓びに変えることができました。

1日前

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c145fb074 1820 441c 8251 2bf6a9d8bfa1A777fc35 3997 4bb2 8179 63a62e4d22ee
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

6ea0002e 1e0f 469b 8aa5 c683621b95d9

kiseki

本はやっぱり紙媒体かなぁ そして…

メンタルというぐらいなので心理学的な語彙がよく使われている、読んでいて納得させられる部分がとても多く何よりメンタル=自己評価を中心としている事がよく分かる、自分もあからさまにメンタルが弱いんだなぁ、と思う所があったので手にとってみました、頑張るが辛い、人付き合いの仕方、新しい事、変化を好まない原理など手を抜くのではなくラクに頑張れる事を心理学的に科学的に解決する方法などが記載されています。 自分の幸せは誰にも奪えない、他人に振り回されることがよくある私にとって何よりの一言でした。 星渉さん ありがとうございました

3日前

09bf80bf 02e1 4ffd a21c dbee19610d32A3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35bD5e33eaa bd58 4145 878f e6d6e1f4df50 15