Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51hu3sfmn1l

発行元から

母上様、あなたはどうして日本を捨て、北にやってきたのですか――。

報道記者としても活躍する著者が放つ、リアル諜報ミステリ。

東京で、就活中の大学院生として、ごく普通の生活を送る青年・倉本龍哉。
だが、彼の名前や戸籍、経歴は、すべてある国家によって用意され、与えられたものだった。
豊かで平穏な日本での日常と、家族の暮らす祖国のギャップ。エリート工作員としての誇り。周囲には決して悟られぬよう、日本社会に「浸透」(チムツ)する緊張……。
だが母親から、「日本でしてほしい」と頼まれた、ある願いが龍哉の運命を変えていく。

一方、「公安警察の狂犬」として外国スパイに恐れられながら、日本の上層部に巣食う潜入者=モグラの影に切り込み、警察組織を追われた外事二課のエース・筒見慶太郎は、指令を受けて訪れたバングラデシュ・ダッカのスラムで罠にかかり、殺人の嫌疑をかけられる。

交錯する筒見と龍哉の運命。日本と北朝鮮、対立する国家の狭間で引き裂かれた人々の思い。激闘の果てに、ふたりが辿り着いた驚愕の真実とは。

「目を醒ませ。本当のお前は、誰なのか――」

竹内明の本

完全秘匿 警察庁長官狙撃事件

完全秘匿 警察庁長官狙撃事件

497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d338

みさ

ジャンル問わず読み

国松警察庁長官狙撃事件は未解決のまま時効を迎えた。時効までの警察の取り組みのドキュメント。小説やドラマで描かれるキャリア様や、公安、やっぱり、あの人たちおかしい。 情け無い。恥ずかしい。 登場人物が多すぎて、そして警察の組織が複雑で中々に難しい本でした。

1年前