51bncp4cw4l

両親も友達も趣味もない、何もない日々を過ごしていた小熊が、スーパーカブを買って数ヶ月。日ごと冷たくなる風を感じ、バイク乗りにとって試練の季節・冬に備えてい... 続き

コメント

前巻で少しずつ世界が開いてきた小熊。今回もまた少しずつ開いていく。
冬支度も学校祭も、今までの小熊とは少し違う。たぶん礼子も小熊という相棒を得て変わったところがあるはず。詳しくは描かれないけれど。
もう一人加わって三人になって、案外居心地良く過ごしているところは小熊がドライだからかもしれない。礼子もまたドライだし。
恒例になりそうなカブでのツーリング。前回は海までいったけど今回は九州。カブで本当にそこまで走っていけるのだろうか、という疑問よりも、彼女たちならやりかねないと思わされる。
一人から二人、二人から三人になって、次回はどこまでいくのだろう。
彼女たち世界の広がりを眺めているのは面白い。

読者

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

トネ・コーケンの本

スーパーカブ

スーパーカブ

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

たまに読みます

2018/07/16読了 ライトノベルは普段読まないけど、カブの話に惹かれて読んだ。 ライトノベルだけあってすごく読みやすい。バイクのことは全然分からないけど、乗ってみたくなった。景色が変わってくのを読んでるのが楽しい。

7日前

2c144179 394e 42df a05f 5d380807297cB9e9b656 9a12 4549 b193 b5538411ce6b84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690 10
スーパーカブ(1)

スーパーカブ(1)

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

原作のファンです。 原作よりちょっと可愛くなった子熊のカブ生活の始まりの部品。礼子から連絡先をもらうシーンは好きなシーンの一つ。 漫画になるとこうなるんだーというほのかな喜びを感じました。

約2か月前

スーパーカブ3

スーパーカブ3

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

高校3年生の春を迎えた子熊は、ますます充実したカブライフ。椎のちょっと変わった妹も加わって面白くなる。 進路の問題、高校最後の夏、カブでの富士山アタック、初めてのカブの故障… 盛りだくさんな内容の中でやっぱり心惹かれるのは、子熊にとってのカブの位置付けの変化。礼子のようにカブ一辺倒ではなく、四輪の免許を取ったりもして、「カブは道具」という位置付けだったものが、自分の手には終えない故障を経験したり、来年の生活がチラついたりする期間に、前とは変わって行く様子が面白くて可愛くて切実で。 だめかもしれない。と、カブに乗り続けることを諦める直前の顔をする子熊に対する礼子の反応も、また切ない。

3か月前

14857bb1 ec70 476f 8f56 0eddb88533540023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cIcon user placeholder