Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41bb6jgzeil

「センスのよさ」は生きていくための切り札です。「暮しの手帖」編集長・松浦弥太郎が教える新しいあなたの作り方。 続き

コメント

何事も、センスだなぁ、と思う。言葉とか食べ物とか。センスって、素直で地に足付いてることかなぁと思う。そんな本です。

気づかさせられる事が沢山。
一気読みしてしまったけど、
何度も読み返したくなる。図書館で借りたけどこれは買って手元に置いておかなければ。

まず、本の作りがシンプルに美しいです。読みやすい行間に、上下左右の余白の取り方、挿絵に至るまで「センスいい」と思えます。

堅苦しいものではなくて、日常をどう過ごすか、心がけなどを綴ったものでした。背筋がピンと伸びました。

友達から借りて読んだのですが、これは手元に置いておきたい一冊。すぐに本屋さんに買いに走りました。

ここに書かれていることは、決して特別なことではないけれど、きちんとできている人って少ない。
少しずつ、自分の体に馴染ませていきたいな。

弥太郎さんが思う”センス”とは。文章が洗練されててほんとに読みやすいです。

センスとはなにを選択するか、というのは自分の考えでもそう言語化して捉えていたのでその点共感した。ただこの内容をまるっと実践しちゃう選択をとるよりは、素直に参考にしながらも無意識に自然体で生きる選択をとることがセンスアップにつながりそう。ということにも気がついたいい本。

自分を見つめなおすキッカケをくれました。本物に触れる機会を増やそうと思います。

たくさん失敗をしたり、たくさん人に話しかけて聞いてみようと思う。自分の心で感じたことを言葉にしていく努力をしようと思う。

センスとは。
センスを磨くとは。
人生を豊かにする術でもあることがわかる。

上辺ではない「センス」についてのことが松浦さんの経験や感じたことから書かれています。

この本で私は
ソシアルワーク(社会貢献)という言葉を初めて知りました。
心に残った事はたくさんあり、その中でも
「自分の良いと思った事を周囲に伝える。それで幸せな気持ちも経済効果もある(かもしれない)」という内容がとても魅力的に残っています。

すべてセンスありき。

エッセイというよりは啓蒙書な感じ。

人を思う行動こそが、自分のためになる事それが自然に出来ている方なんだなと思いました。

読者

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326174912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab4Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9C4cc33aa 7a43 4b98 9e80 179a4ac4d640Icon user placeholderIcon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1130e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c 38人

松浦弥太郎の本

泣きたくなったあなたへ

泣きたくなったあなたへ

Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c

しずか

本、読む人の横顔も好きです

夜中にホットミルク飲みながら読むべし。 "泣きたくなったあなたへ" だいじなことをゆっくりとやさしく教えてくれます。 それでいいんだー、と。あったまる。

3か月前

即答力

即答力

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

松浦弥太郎さんの考え方は自分にとって為になるというか、社会での上手な生き方を教えてくれる気がする。共感することもあれば新しい教訓もある。 〝呼ばれる人になる〟〝誰もやりたがらないことを率先してやる〟〝先手を打つ〟〝自分からおもしろがる〟 これらのことは私も普段から気をつけています。

8か月前

D9c0ac17 abd2 4602 a322 67eecac49b87Icon user placeholder5e7cb613 c27b 4500 9adf a469433e5207