Btn appstore Btn googleplay
31zr0nhnrbl

駅前の居酒屋で高校の恩師と十数年ぶりに再会したツキコさんは、以来、憎まれ口をたたき合いながらセンセイと肴をつつき、酒をたしなみ、キノコ狩や花見、あるいは島... 続き

コメント

品のある空気感の中紡がれてゆく大人2人の日常と可愛い恋心。とても愛おしい。

その他のコメント

しかしほんとうに、今まで楽しく生きてきたのだろうか。
楽しい。苦しい。きもちいい。甘い。苦い。しょっぱい。くすぐったい。かゆい。寒い。暑い。なまぬるい。
いったいわたしは、どんなふうに生きてきたんだっけか。(243)

ゆっくり、静かに、限られた時間の中で愛を紡ぐ。

読者

Icon user placeholder74cfb30d 3d02 4081 9d5a f54423d25087772d668c 18b8 4220 ab4c 5dc0131bc21e3b68ed61 0d6d 4318 af02 25f76ee011bf406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e973918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2b00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 89人

川上弘美の本

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

「100万回生きたねこ」 大好きな絵本を、これまた大好きな作家さん達がこぞってトリビュートした贅沢な一冊 どの作品も、生と死というテーマを重く温かく表現しています 絵本の書評ではなく、文学作品として扱っているところがいい 多くを問いかけます

4か月前

6e0278b5 a197 4308 8efa 4289e0e3e82fF4e86bc3 ea3f 4736 93a2 c6c0d76cc04073b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755d 20
古道具 中野商店

古道具 中野商店

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

中野商店の日々が綴られています。 店主中野ハルオと店主の姉マサヨとタケオと語り手のヒトミ。 皆の名前がカタカナなのが、不思議な空間をかんじさせる。 なんだか変で不器用な日々、人生という道のチョット外れを歩いている人たちの話。

12か月前

B56d6049 bf17 4cfa aeb0 d1ac91364df7D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449
猫を拾いに

猫を拾いに

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

短編集。上手く言い表せないがほっこりする話たち。

1年前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Icon user placeholderA04cdf48 6346 4287 9a90 2a344e096743 17
センセイの鞄

センセイの鞄

7fd25228 bb55 49bc 97aa 02cfb55e19b8

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

センセイと月子さんの距離感がとても好きだ。 あたたかくて優しいけど心をすごく揺さぶられた。

1年前

1761ed2e b8f6 4d8e ad1d 811c58eaa02a8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919Be277678 29bc 4339 b384 e3078aea7925 24