511sqnqchvl

これは愛の讃歌であり、愛の鎮魂歌である。新婚旅行での"愛"を記録、私家版『センタメンタルな旅』から21枚。妻の死の軌跡を凝視する私小説的写真日記『冬の旅』... 続き

コメント

膨大なアラーキーの写真集、やはりこれが究極の美しく死のイメージをまとうアラーキー私写真そのもの。陽子さんとの旅。

荒木さんの写真はどうしてこうも生々しいのか。その場の空気感だけでなく呼吸や温度までもが伝わってくるような写真群。

まるで一つの物語を見させてもらっているような一冊。
荒木さんのベストオブベスト。

文章と写真の間の取り方が感動的。
みるたびに、グッとくる写真が違う。
最終ページのチロに救われる。

永久保存の一冊

愛しすぎてレンズの向こうの「今」さえセンチメンタル。

読者

4e537b4e 36e0 4ad6 989e 1225fe3778318e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7eD2c5fcb0 0448 4e7d af7e 92dd913953b4C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e74601fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a24a1cb48 1125 4abb 94b1 a36b7246dc1c04712713 7c21 40b6 b713 e7f95ec43299419f4122 aecc 416e afb8 df42b9ec7025 11人

荒木経惟の本

荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-

荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

「荒木経惟センチメンタルな旅1971-2017」東京都写真美術館公式展覧会カタログ。妻陽子を亡くす過程をつづった「冬の旅」にグッときた。同じバルコニーの同じ風景なのにこうも違うのかと。9月24日まで開催。

11か月前

1b7561d9 4271 407b 993b c4af3d4a08599bba20e9 4127 422a 8876 1e23386ff4e8
ずるずる、ラーメン

ずるずる、ラーメン

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

ラーメンに関する随筆集。 以前読んだ「ずっしり、あんこ」に比べ、感動的な話もなく、どうでも良いような内容ばかりだけど、楽しく読める。 読んだ後の頭の中は完全にラーメン。早くラーメンを食べたい!

約2年前

B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a7642691de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742f