51bwvpkecnl

前任地での仕事の引継ぎに行って来るといったまま新婚一週間で失踪した夫、鵜原憲一のゆくえを求めて北陸の灰色の空の下を尋ね歩く禎子。ようやく手がかりを掴んだ時... 続き

コメント

消えた夫を追い、協力者が現れては消えていく。
戦後の問題も絡め、追い込む先にはこの表紙。

北陸の鉛色の空など、心理描写をうまくリアリティーに描かれているからこそ、怖い一冊。

180804読了。

数十年振りに松本清張サスペンスを読みましたが、さすが描かれている情景が目の前に浮かんでくる様でワクワクしながら読みました!

読者

F3bc9b8c 78a6 441a b160 2a838b68dcf90d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4bEc590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e00642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df743a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89F3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10A7befd6f c82a 41df b51f ffdbdc5bf56a 7人

松本清張の本