41axts8plml

新しい何かを創造する企業をどう立ち上げるか。スタンフォード大学起業講義録。 続き

コメント

成し遂げるには理由がある。曖昧な精神論ではなく理由がある。和訳がよかったのかビジネス書というよりもデータがついたドラマとして読めた。面白かったし、何より自分の仕事についてしっかり見つめ直すきっかけになった一冊。

競争することの虚しさを伝える本。独占市場を形成できるほどのアイデアこそ価値があると。

まずは大きな方向性の重要性を感じた本。リーンが流行っている今こそ読むべき

ダーウィン的な生存戦略を競争環境に何でも適用するのは疑わしい、というのはすごく分かる。というか、ダーウィンの進化論をそもそもあまり信用してない。

イーロンたんが1番だけど、この本読んでると胸がドキドキ興奮してくる。

どの市場のどんなセグメントで事業を始めるか。
考えねばな、と改めて認識させられる内容でした。

有名な起業家であり投資家である著者が、新しい何かを創造するための視点や考え方について語っている。著書によるスタンフォードでの起業の授業がベースになっている。新しいこと、試されていないことこそベスト・プラクティスというくだりが印象的。

曖昧な悲観主義、曖昧な楽観主義、明確な悲観主義、明確な楽観主義のマトリクスがおもしろかった。

投資家の基礎が書かれてる。
投資する時に考える7つのポイントは、投資すべきか悩んだ時の思考整理となる。

狙いにいくんじゃなくて、気づいたらゼロがイチになってるくらいで

本書はPayPalの創始者ピーター・ティールのスタートアップ指南書のような一冊だ。これから会社などを始めるかたなどにおすすめの一冊です。最近はやりのリーンスタートアップを真っ向から否定している。個人的には、独占企業になれというのが響いた。

創造力が問われる時代ですね。

読者

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e752217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cIcon user placeholder24f0c412 4bbe 401a 9dc8 305c4d1f3667B307e392 1cca 43a1 919e 4f40d8e1fecb8e6928b8 5624 4d7d adc2 e2b4486db5ecIcon user placeholder 48人