41mfgnsxzvl

A4の紙に1件1ページで書く。ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分以内にさっと書く。毎日10ページ書き、フォルダに投げ込んで瞬時に整理する。それ... 続き

コメント

その他のコメント

良い事書いてるんだけど、同じような事を繰り返して綴ってるイメージ。
もう少し薄くて伝えられたんじゃ無いかな。
ただ内容としては役に立つ事を書いてる。

頭ん中を言語化したいと思い続けてはや数十年。世の中には色々なメソッドがある中で、続いたためしがなかったけどもこの0秒思考はしのごの言わずにやれるシンプルさが魅力で今すぐやりたいと思うメソッドだ。がんじがらめになった気持ちの整理にもスッキリ効果的とのことで続けたいと思う。A4紙に書くのがいいという主張が一貫しているが本が出版された頃はiPad ProもApple Pencilもなかったけど、今はそれらで代用してもスピード感は損なわれないしエコかつ省スペースで良いかなと思う。紙の方が気持ちよさそうだけど。

読者

5a1780f9 adda 4530 969c d2bf5236c913Icon user placeholderC3ffbb7b 5b09 4fad b0fc 4b73e9a95bb7Icon user placeholderD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c869de9edb6 0823 4451 9b8a 4185de077cd7E4f27156 8758 48ea 94fc 67ac5af2aa770987e4a3 2213 4ada 93bc 25fe6586d15e 36人

赤羽雄二の本

なぜ、できる人は忙しくても本を読めるのか 限られた時間で最大限の効果を得る読書術

なぜ、できる人は忙しくても本を読めるのか 限られた時間で最大限の効果を得る読書術

Ccb9d0c5 e74e 4669 a53b 5eeb5a59a8e6

まぁきゅん

大学生だよ〜

「その読書、受け身なんちゃうの?」 本は読みたいけど忙しい、読んでもすぐに忘れてしまうといった受け身な読書をしてしまいがち。 読書を実りあるものにするには、いかに纏まった時間を作り、いかに行動に活かしていくか、つまり「攻めの読書」をする必要がある。 この「攻めの読書」を習慣付けるための方法を、あの激務で知られるマッキンゼーに勤めていた著者の体験談をもとに紹介されている。(マッキンゼーがどんだけしんどいんか知らんのやけどな) 以下感想 最近、改めて読書に力を入れようと考え出したのと同時に、ついダラダラ読んでしまう自分の読書スタイルをええ感じに変えれへんもんかと。 そんな時にこのタイトルを見つけ、これはと。今後の指針にでもなればなぁと。 実際に読んでみると、行動するための読書を勧めているだけあって、読者をいかに行動させ、読者に攻めの読書を習慣化させるかという事に力を入れていたように感じた。 こういった類の本はそういうもんやと言われればそれまでであるが、私としては著者の本や読書に対する考え方をもっと聞きたかったように思う。そのため、序盤の読書のメリットで挙げられている作者の「心のひだ」に触れることがリーダーとしての素質を養うといった内容はとても興味深かったが、この本のピークでもあった。

約2年前

35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4Icon user placeholderB67c853a d9fe 49ee ace7 fb82be84a225 8
頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方

頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方

952ac0d7 7923 4442 a32c 8465a277f7bd

はつね

桜庭一樹/伊坂幸太郎/荻原規子/…

著者はパワハラで大事な人を失くしたのかな?というくらいのパワハラへの語りと、会議の場で受けた質問に即答すれば、周りの人が全員尊敬してくれて、その流れで美女が求婚して宝くじも当たっちゃいそうな勢いだったのが面白かったです。「すべてに関して自分の意見を持つ」これ、大事だけど出来ていないこと。気をつけよ。

2年前