412kkl432xl

惑星ソラリス-この静謐なる星は意思を持った海に表面を覆われていた。惑星の謎の解明のため、ステーションに派遣された心理学者ケルヴィンは変わり果てた研究員たち... 続き

コメント

その他のコメント

高校生の時に挫折したけれど、新訳で一気に読めました。ロシア翻訳版でカットされた部分が含まれているのが嬉しい。
海の描写が当時の作品と思えないほどに、とても映像的なスペクタクルで、後の SF 作品に与えた影響は計り知れない。

SFの気分なもので。
毎日こう暑いと、意識だけでも宇宙にもって行きたくなるもので。

読者

677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6738042d4 0cd8 4886 9ccc 68acfc669534D7c23089 7448 45fa a433 483c46fbe5c96db529aa 747f 4253 927c ed679afaf26b7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d1c046575 9802 405d a2b9 6cab4f6a1e9dC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acIcon user placeholder 47人

スタニスワフ・レムの本

ソラリスの陽のもとに

ソラリスの陽のもとに

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

人間の深層意識を具現する海。僕にとって、SFといえばこれ。レムの代表作。タルコフスキーやソダーバーグが映画にしているが、レムは憤慨だとか。

4か月前

2bf06a67 5d82 42bb 8aab 08f4d6047e5aIcon user placeholder