41fqhvdf4hl

生後まもないハイイロガンの雌のヒナは、こちらをじっとみつめていた。私のふと洩らした言葉に挨拶のひと鳴きを返した瞬間から、彼女は人間の私を母親と認め、よちよ... 続き

コメント

動物を観察するために家のなかで放し飼いにして暮らしたローレンツ。
この本にでてくるバランスドアクアリウムはガラスの中に小さな生態系を作ることで、僕も何度かトライしましたが未だにうまくいきません。

動物好きなら何かしたくなる本です。

その他のコメント

ローレンツがいろんな動物と暮らしながら書いた本。’刷り込み’もここから発見されました。と〜ってもおもしろい

最終章「武器とモラル」が刺さった。
動物が持つ武器は進化の過程で抑制力と共に確立してきた。

それらの説明を通して我々人間という動物がどうあるべきかとの問いが投げ掛けられる。

書かれた時代や、自分が8月に読んだということもあって色々と考えさせられた。

読者

Icon user placeholder15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5deC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c22113a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b75b34824b 851e 4b5d 8a4b e970271f60b2 10人

コンラート・ローレンツの本

人イヌにあう

人イヌにあう

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

『ソロモンの指輪』に出てきたたくさんの博士の家の生き物たちのほかに、ワンコとニャンコも一緒に住んでて、みんな共存していたというのが驚き! すべての生物に対しての深い愛情と観察力。 犬の日にドナウに出かけるお話が好き。 挿絵の愛らしさも。

1年前