Btn appstore Btn googleplay
41rkaq3aubl

ソーシャルワーカーは、社会の中の居場所を見失った人を、支え育てて、暮らしてゆく環境を整える仕事。困っている事情、家族関係や社会関係は多岐にわたるので、具体... 続き

コメント

ソーシャルワーカーになりたいひとのためのお話
絶望の中にいるひとによりそいながら
真っ暗闇のなかに光を見いだし
よりよくいきてみようという
希望の光を抱かせるという仕事なんだ(^^)

その他のコメント

著者の経験を踏まえてソーシャルワークとは何なのかを教えてくれる。著者も迷いながら自分なりの答えを見つけ、それが信念になっていったのだと感じる。
世の中の矛盾や自分の感じたことのない苦しみを抱える人と向き合い判断に迷う時、どうしたら良いのか。著者なりの答えが一貫して示されているように思う。その答えを限りなく正解にする為にも、毎日自分の気持ちと照らし合わせ考えながら、丁寧に行動して行かなければならないと思わされました。

読者

4d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fD5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453 5人

社会

13の未来地図 フレームなき時代の羅針盤

13の未来地図 フレームなき時代の羅針盤

2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed

sasamiwa

ソーシャル系の企画・広報やってま…

これから起こるであろう変化をかなり分かりやすく表現してくれている。ここでは、人間は好きなことだけを仕事にする時代になる、と言われています。なぜなら、数字や知識を元にした分析はAIがやることになり、この分野では人間は全く勝てなくなる。自分で問題を見つける能力、匂い、手触り、愛着や感動など、感情が起点となる個人が強くなるだろうと。 社会をよりよくするビジョンを提供するといった活動によって、社会的な共感と支持を得ていく、つまりは情緒を共有すること。だれに命令されるわけもなく、情報を発信し、自分も相手も楽しくすることがエンターテイメントになる。オリジナルとは、自分自身の情緒から生まる。情緒、はこれからの自分の大事なキーワードになる気がしました。 13の未来地図のうち、最後のフレームからウォリテックスになる流れだけ、ちょっと?でした。宇宙の在り方そのものが変わろうとしている話。それを自分が知らないからかもしれないけれど、間違いなく大きな変化が訪れていることは確かだし、フレームというものは、どんどん壊され、無くなっていくと思った。変化を楽しむ余力と遊び心を持っていたものです。 2020.01.13

10日前

Icon user placeholder3f512a0c 80d4 47bd a96f 234f2c3bd6b7Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794
1・2・3級対応! ほめ達! 検定公式テキスト

1・2・3級対応! ほめ達! 検定公式テキスト

1718880b ef50 49c8 ae96 7eb8294444ff

のりさん

2020年は本を年間50冊読むこ…

購入動機は検定2級対策テキストとして購入。 上辺でない、「ほめる」とはどう言う事か?がしっかりと説明されています。 生きる上で大切なことがたくさん書かれていて良かった。本は2000円+税と高いけど、その何倍もの価値があります。 この本の中にはマイナスの言葉が全く書かれていない。読んでいると幸せな気持ちになり、力が湧いてきます。 今日、たった今から使える人間関係の潤滑油になるホメ言葉がたくさん出てきます。 上司部下との関係、夫婦や子供、親兄弟などとの関係をさらに向上させるのにぴったりな一冊です。 すぐに誰かを褒めたくなること間違いなしで、読んでいる時に自分が褒めたくなるあの人の顔が出てきます。 自分の背中を押してくれる良本に出会うことができて私は本当にラッキーでした。西村貴好さん、本を書いてくれて、ほめ達を普及させてくれてありがとうございます!って早速、褒めたくなります笑 読み終わったので、読んだ本を会社の仲間にプレゼント。喜んでくれて嬉しいと伝えたら相手も笑顔になりました。 ほめるとは価値を発見して伝えること。 ありがたい。it's a miracle. by西村貴好

16日前

人はなぜ不倫をするのか

人はなぜ不倫をするのか

A80b23ae d6c3 4088 909d e7a4fd93be4f

白鯨

作品を楽しみ、その感想、考察を漏…

題名からは俗な印象しかないだろう。 だが、その内容はただの俗と切って捨てるには 些か以上に興味深く、また奥深い。 様々な分野の専門家達が不倫という行動の原理を 解明しようとする。 ジェンダー学、脳科学、昆虫学、行動遺伝学 性科学、心理学、宗教学。 人間という種族のカテゴリーにこだわらず、 昆虫、類人猿、魚類、ウィルスをも範疇に入れる。 人間以外の生き物に不倫という概念はあるのか。 あったとして、それは人間と同じ様な感覚なのか。 生殖行動が良質の遺伝子を残す為だけの行為なら、 他の生き物同様、人間の不倫という行為もまた、 ただの遺伝子の闘争の産物に過ぎないのか。 不倫という名のゴシップ単語から始まり、 最終的には人間という名の種族の繁栄にまで。 生物の情け容赦無い生き残りをかけた戦いを垣間見る。

17日前

Icon user placeholder0d0734ef 00b7 4660 847c 743c626e3755Icon user placeholder 13