51l4jpyzygl

東京郊外の大型ショッピングセンター「タイニー・タイニー・ハッピー」、略して「タニハピ」。商品管理の事務を務める徹は、同じくタニハピのメガネ屋で働く実咲と2... 続き

コメント

タイニー・タイニー・ハッピーという商業施設を舞台にそれに関係する人達が紡いでいく物語。
視点が章によって変わるので、彼自身が見た彼、彼女から見た彼等、登場人物一人一人がどんな人なのかしっかり伝わってくる所がとてもよかった。
ほっこり幸せな気分になるので、定期的に読みたくなる作品

その他のコメント

読んだ後は小さな幸福感がじんわり全身に広がっていくような心地よい気持ちになります。

読者

0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c42a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01dE5e42d75 5169 469b a1f9 13511ff1dfd61c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3488c9685 faf0 4507 af33 ff2533d932700402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a002e2ba7cf aea0 408d aa3e 8b4cf0078841 25人

飛鳥井千砂の本

学校のセンセイ

学校のセンセイ

9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3

最近初めました

先生らしくない主人公が、先生になる話って言ったら、まさにお涙頂戴な生徒との感動の物語なんてイメージが湧くけど、この話に感動なんてものは無い。 もはや面倒くさがり過ぎる主人公のやる気のなさに笑ってしまうし、主人公の心の声に「お前それでほんまにええんか?大丈夫か?」って突っ込んでしまいそうになる。 でも、どう足掻いても前に進んでいってしまう生活の中で、私生活で変な事が起きたり、女友達は病んでたり、同僚は気が弱かったり、そんな生活を歩みながら、ちょっとだけ前より変化している。ちょっとだけ前より先生になっている。ちょっとだけ人間として変化している。 そんなちょっとした変化を描いた物語。 内容自体凄く明るい訳では無いけど、主人公の突っ込みが面白くて、サクサク読めてしまうし、読了感も良い。 起伏は少ないけど、ちょっとした読書には最適な1冊。始まり方がなかなか突拍子もなく面白い。

9か月前

0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4A60b29b3 e075 4eed aa83 c66d3504b3bcIcon user placeholder 11
砂に泳ぐ彼女

砂に泳ぐ彼女

85c24291 c4b4 4b87 8d57 b9672f2a95f0

saki

よろしくお願いします

日常を飛び出すのは怖いし、その先に何が待っているか分からないけれど、飛び出してみないとわからない。飛び出してみて、途中で挫けそうになっても、それでも頑張っている主人公の姿に惹かれた。飛び出した先で、主人公は色んな人に出会うのだけど、人の輪はどんどん広がって言って、人の縁は大事だなと思った。読み終えた後に、私も頑張ろうって思える作品。

12か月前

Icon user placeholder5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f412a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01d
アシンメトリー

アシンメトリー

92262c23 5b2b 4468 9d6d 325af50c031c

ぬまみさ

ゆっくり読んでます。

4人の男女の愛の形を描いた物。恋情も、友情も人が心の奥で思ってることなんて本人しか分からないし、本人も分からないかもしれない。人それぞれ愛があって、愛の形も様々。アシンメトリー、非対称だからこそ苦しむし、楽しいこともある。 最初は疲れながら読んでたけど笑最後にスカッとした!

1年前

Icon user placeholderA3fe9208 07e2 4d6b 982b bbb4100f07dbIcon user placeholder 11