41urthlwyzl

辺境の砦でいつ来襲するともわからない敵を待ちつつ、緊張と不安の中で青春を浪費する将校ジョヴァンニ・ドローゴ-。神秘的、幻想的な作風でカフカの再来と称される... 続き

コメント

20世紀幻想文学の古典と評されているけれど、ここに描かれている主人公たちの人生や砦の存在、死に臨む姿などすべてが非常にリアルで身につまされる、普遍的な小説です。

何も起きない所で何かを待ち続けて、その印が見えてもどうせ間違いだと周りには平然を装いながら、心の底では気になって騒ぎたくて仕方がない感じ。後何も起きずのっぺり日々を過ごし、気づいたら15年も経ってた感じ。凄くよくわかる。

イタリア文学の鬼才といわれ20世紀幻想文学の世界的古典と言われる本作。SFとかファンタジーの類がそんなに得意ではないので手が出なかったのだけどパラっと見たところそんなに幻想的でもなさそうだったので手に取ってみた。国境線の砦に配属された新任の将校。国境の向こうにはタタール人の砂漠と称される砂漠が広がっているだけ。およそ敵の来襲などは想定できそうにない環境で目的のよく分からないパトロールを日々続けていくうちに…という話。不条理劇ということだけどこれって現実に自分たちが直面してる状況と殆ど変わらないのでは…という気がした。あまりにも悲しいラストが印象的。良い作品でした。

読者

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cA04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b848862d6e7 5bc4 4c8b 9136 208b24853c11Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f411afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032 12人

文庫

掟上今日子の備忘録

掟上今日子の備忘録

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

今日子さんの魅力にぞっこん! いつかの「今日の今日子さん」 忘却探偵だけに、設定がややこしくもありシンプルでもある。 「記憶」にまつわるセリフが、度々、心にささる! とにかく、今日子さんのファションセンス、テキパキさとお茶目さ、がめつさ!?が好き!

約3時間前

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bAe690d6b 917b 49a0 a666 75d8f1d9a63dB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24 12
変身

変身

911089a8 8a5a 4ee4 9ae7 564e88d75b61

めいめい

面白い本探しています!

ある朝突然毒虫に変身していたグレーゴルだが、「どうしてこんなことに・・・」など悩む場面はなく、仕事や汽車の心配をしたりベッドからどうにか出ようと試行錯誤する場面にクスッとした。 父親の「こいつにわしたちのことがわかってくれたら」というセリフはグレーゴルからも言いたいセリフなのでは。どうしていいかわからない問題を、お互いが自分の見方でしか捉えられず家の中に閉じ込めてしまう。そしてグレーゴルは何も伝えることが出来ずに死んでしまうところに虚しさと悲しさを感じた。 現代の問題と合わせると介護、引きこもりなどになるのかな? グレーゴル以外の家族の視線からも読んでみたい。

約12時間前

Icon user placeholder9fca511f 02bc 4049 aab0 6ff107bd6b77F6def76e 5d46 4349 aa55 034be506ccd2 134