41urthlwyzl

辺境の砦でいつ来襲するともわからない敵を待ちつつ、緊張と不安の中で青春を浪費する将校ジョヴァンニ・ドローゴ-。神秘的、幻想的な作風でカフカの再来と称される... 続き

コメント

イタリア文学の鬼才といわれ20世紀幻想文学の世界的古典と言われる本作。SFとかファンタジーの類がそんなに得意ではないので手が出なかったのだけどパラっと見たところそんなに幻想的でもなさそうだったので手に取ってみた。国境線の砦に配属された新任の将校。国境の向こうにはタタール人の砂漠と称される砂漠が広がっているだけ。およそ敵の来襲などは想定できそうにない環境で目的のよく分からないパトロールを日々続けていくうちに…という話。不条理劇ということだけどこれって現実に自分たちが直面してる状況と殆ど変わらないのでは…という気がした。あまりにも悲しいラストが印象的。良い作品でした。

その他のコメント

20世紀幻想文学の古典と評されているけれど、ここに描かれている主人公たちの人生や砦の存在、死に臨む姿などすべてが非常にリアルで身につまされる、普遍的な小説です。

何も起きない所で何かを待ち続けて、その印が見えてもどうせ間違いだと周りには平然を装いながら、心の底では気になって騒ぎたくて仕方がない感じ。後何も起きずのっぺり日々を過ごし、気づいたら15年も経ってた感じ。凄くよくわかる。

読者

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cA04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b848862d6e7 5bc4 4c8b 9136 208b24853c11Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f411afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032 12人

文庫

海賊とよばれた男(上)

海賊とよばれた男(上)

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

misumi

30代

主人公の国岡鐵三がかっこいい             出光興産の創業者がモデルらしい 戦前戦中のに自分の信念を貫き通す姿は自分の生き方も考え直させられる

約3時間前

A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c233c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7377d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851a 128
田村はまだか

田村はまだか

F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28

hikumahika

広島出身/精神科医/カープ/競馬…

ようやく読む機会に巡り合ったよ。いつまでたっても現れない田村を待ち続ける同級生たちそれぞれの過去を描きつつ…田村はなぜ来ないのか、田村は来るのか、田村は居るのか。

約5時間前

0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a0070823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f257fb417 b5c6 4eff a179 2de89323a9db 10
君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

C904beea 65eb 4802 b147 efa6a6fa1cf1

Kazuhiro.H

野球、歴史小説、自己啓発本が好き…

100年近く前に書かれた本。何年経っても人として大事なことは変わらないんだな。おもしろかった。

1日前

E638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f0271443c9090d a138 485c bc7f 5cc52f7c7df4B4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d8 151