41kgknzs9bl

ビストロ・パ・マルへようこそ。絶品料理の数々と極上のミステリをどうぞ! 客たちの巻き込まれた不思議な事件や不可解な出来事。その謎を解くのは、シェフ三舟。傑... 続き

コメント

近所に欲しい、そんな類のお店。事件というには小さな、それでも人生にはこういう謎?が多いもの。それをシェフが解く、というよりほぐすに近いか?食べ物の連作短編集が好きなので手にしたが、滋味深い一品が何とも嬉しい読後感である。続きもあるそうな。

その他のコメント

一つ一つのお話が、短いけどそれぞれに味わいがあって好き。最後のお話は、途中でオチが分かってしまったけれど、オチが分かるほどに思い当たる節がある話で、少しばかり切なくなった。

ビストロで美味しいもの食べたくなります。こんなビストロ近くにあるといいな。

読者

E87aa82e e85b 4c6a 8352 d6dde7818466A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008bIcon user placeholder26bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb986B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2Icon user placeholderEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 42人

近藤史恵の本

みかんとひよどり

みかんとひよどり

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本と熱帯…

タイトルと表紙に惹かれて購入。京都のフレンチレストランのシェフが物語の主人公。ある日愛犬ピリカと山に野禽の狩猟に出かけ遭難しかけたところを猟師の男に助けられたところから物語が始まる。主人公は35歳、猟師の男もほぼ同じ年という設定なのだが、最初の頃はずっと年上の中年の男を想像して読んでいた。主人公のシェフは地元の人間ではない設定なのでそこはいいとしても、物語の舞台は京都なのに登場人物は誰一人関西弁? を話さない。そこに代表されるように、登場人物一人一人の背景があまり深く描かれていない気がする。特に猟師の男。なぜ一人、山奥に暮らし、狩猟を生業としたのか。一応サラッとは触れてはあるのだが、もっともっと深くえぐってほしかった。全体的に物語に厚みが感じられないのだ。できれば、そこら辺を続編(が出ればの話だが)で描いてほしい。とはいえ、物語に登場するジビエ料理にはそそられる。以前からジビエに興味があったので、これを機に一度食べに行ってみようと思う。それと著者の「タルト・タタンの夢」がずっとKindleの中で眠っているので、これも読んでみようと思った。

2か月前

アンソロジー 捨てる

アンソロジー 捨てる

F7a34118 bf8f 4ec5 b203 771c604ed64d

福猫

本好き、猫好き よろしくお願いし…

貴方には捨てたいものがありますか? あります。誰の心の中にもありますよね? 怖くて、面白くて、ゾクゾクします。

6か月前