51n1npp9jdl

中世、啓蒙主義の時代、そして施設隔離政策と優生学の時代をへて獲得した社会統合への道のりの中で、ダウン症・知的障害はどう認識され、位置付けられてきたのか。ダ... 続き

コメント

自身もダウン症の妹を持つ家族として、常に共感と暖かさのある、知的発見に溢れる書。「蒙古症」といういまでは不適切な命名の、当時なりに真剣な探求も意外。

読者

1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d

社会

戦争と平和

戦争と平和

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

yuji

30代

憲法改正は必要か 不要な人の意見も聞いてみたいが必要だろうと思う 自国を守る力は必要 著書の通り日本を守るのは空海軍だから徴兵も難しいが自国を守る力は必要だと思った

約7時間前

47cb5799 a38a 4856 87b2 82b461119acdFf3bda69 7b4f 4718 b4d0 19ab36a29788Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26
絶歌

絶歌

Fce3ad3b e015 45f6 bf7b dad46c002c7b

くろま

無知は怖い

わざわざ難しい言葉を選び 例えがとても多く表現されている作品だと感じた (『まるで〜のようだ』など。) " 私は賢いのだ "、と率直に書いているわけではないが そう言いたいのかな、と思わされる 内容としては 言い訳、正当化しているだけのような気がしてならない。 犯罪を犯す人の考え、理由などを知る資料としては 使える? 複雑な気持ちになる作品でした。

8日前

2251c20b 627d 4049 9fb3 fa8ea0209ea47fce8781 13dc 4e0c a5af d59a0310ec51Icon user placeholder 23