5114eqmpmll

バレエに人生をかけた、少年少女たち。 初舞台『白鳥の湖』を酷評した生川綾子を見返すべく、 生川はるかバレエ団のサマースクールに乗り込んだ潤平と流鶯。... 続き

コメント

ページから溢れ出す少年たちの煌めきと情熱に息をのむ。
相変わらず映画的で、「静」と「動」を操るジョージ朝倉先生の表現が冴え渡る作品。

読者

0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee177f29de c939 4c61 a609 88229e86216d27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c08743719e3df cb52 4695 ae1c 03fb143d5eb2Icon user placeholderE829a2b0 dcc1 4eaa 879f 53e0982a8bc7Ddd9403f f3d5 4a33 8d9e 8248de1fa986 7人

ジョージ朝倉の本

ダンス・ダンス・ダンスール(9): ビッグ コミックス

ダンス・ダンス・ダンスール(9): ビッグ コミックス

Bf298046 4536 4519 868c 4f944ce9e00a

うきわ書房

コミック、CD、ZINE、イベン…

ジョージ朝倉先生のスポーツ漫画とても良いっ!驚くほどの成長力をみせる主人公が見処!単純バカなところも素敵!そういう野性的で向上心のある主人公と、浮世離れしているライバル、そして意外と普遍的な女の子たち、このキャラクターバランス良いです!

10か月前