41aagx8xrbl

世界の記憶遺産にもなった英雄。決定版伝記!南米だけでなく、世界中で愛される英雄・ゲバラ。裕福な一族に生まれた男は、なぜ医者の道を捨て、革命に身を投じたのか? 続き

コメント

某ゲームで名前が出たキッカケで詳しくゲバラについて知りたいと思い購入。持ち前のストーカー気質を発揮しゲバラの映画を3本予備知識を入れてから本書を読みました。
誰でも彼が革命家である事は知っていると思いますが、何故彼がこれほどまでに愛されているのかを知る事ができます。
彼の出生〜ボリビアでの死まで事細かく描かれており、筆者のゲバラ愛か良く分かります。
補足として、一緒に見た方がいい映画として、『モーターサイクル・ダイヤリーズ』、『チェ 28歳の革命』、『チェ 39歳 最後の手紙』を合わせて本書を見るとより理解しやすいのではないかと思います。

その他のコメント

読者

3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bD712c206 78c0 44ff af6c 84b3d20b4d8fE8e7efb3 e061 4dcb b68d d92b19e44a1f8315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9c1709b8d6 f254 4c0e 8ab5 33c4ad72d2caC5c6355d 20eb 4256 9494 5733ba7d8e078fb245af db84 4259 947f 09e5d1acc284 7人

三好徹の本

沖田総司―六月は真紅の薔薇 (上)

沖田総司―六月は真紅の薔薇 (上)

D537d324 5b57 4281 92af 0b4829be4e52

お茶子

本がたくさん並んでいるのが好き

これ好きで読みましたねー! アイドル的存在のようになってますけど、されても仕方がくらいカッコイイ。 納得の上下巻です。 新撰組に儚く美しいイメージを持った女は私だけではないはず… それは沖田総司がかっこよすぎるせいです。

4年前