51rtm8z 6ql

コメント

初の円城塔。わかりそうでわからなかった。2018.9

読者

25e97c3b 9446 4a0c b95f a76c11981f9fA66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718 3人

円城塔の本

道化師の蝶 (講談社文庫)

道化師の蝶 (講談社文庫)

65c12427 15d9 42bf 971b 1c9691ef9fa3

はやおき

くそねみ

物語の中で捕まった架空の蝶を、別の物語を通して解放し、また別の物語の中で産卵し繁殖させる物語になっている。奇妙な登場人物たちの、不思議な巡り合わせが、一匹の蝶=「着想」=想像の萌芽に至る筋道は、複雑ながら驚きと感動があったし、自分の中でも、そのような蝶が生まれ飛び立っているのだという想像をしてみるのも楽しかった。ただ「多言語で書かれた無数の小説」や「虫取り網」が何を象徴しているのか、「作者のいいたいこと」を掴もうとすると、途端に入り組んだ、難解な作品になる。3回通読したがよく分からなくて諦めてしまった。

約1年前

Cbc9f112 a296 4a3a 8e9a a66254f3d0c7Icon user placeholderF31dc9b8 954e 4d4f 8612 66fea9482b2b 10
オブ・ザ・ベースボール

オブ・ザ・ベースボール

65c12427 15d9 42bf 971b 1c9691ef9fa3

はやおき

くそねみ

ライ麦畑から落ちかける子供たちではなく、ライ麦畑に落ちてくる老若男女。ホールデンは落ちる子供を捕まえるのではなく、落ちてきたものを打ち返す。キャッチャー・イン・ザ・ライならぬバッター・イン・ザ・ライ。いやバッター・オブ・ザ・ベースボール。野球ではないと散々本文で言ってはいるが。

約1年前