511zubovsul

芝居の面白さには果てがない。一生かけても味わい尽くせない。華やかなオーラを身にまとい、天才の名をほしいままにする響子。大学で芝居を始めたばかりの華奢で地味... 続き

コメント

何度読んでも引きずりこまれて一気読みしてしまう。松たか子さんで映像化希望。

大好きな作品。まだ読んでない作品も多いですが、今まで読んだ恩田陸作品の中で2番目に好きな作品です。
演劇、オーディション、女優、アマチュアからプロになるということ。
そういう世界のセンスや世界観や感覚を感じられた作品。感性が少し磨かれた気がします。続きも読みます。

こんなにドキドキしながらページをめくるのは初めてってくらいにわくわくさせられ、読む時間があっという間に過ぎてしまいました。
演劇のことはよく知りませんが、こんなに才能や個性が活き活きと舞台の上をかけめぐる世界なのかと思わされ、引き込まれました。
続編が楽しみです。

舞台に立ったことがあるからこそ、これを読んで少し嫉妬した。もちろんだけど、わたしこんな感覚なったことない。
特にオーディションの赤と青の布が舞うところ、身体がぞわっと粟立つ感じがした。文だけでここまで表現できるなんてすごい。

何か凄い事が起こるぞっ!っていう予感と、その先にあるオーディションの現場を生々しく体感できた気がします。
実際の舞台にも興味出てきましたが、とりあえず続編のダンデライオンを読まなきゃ。
今後あるだろう女二人の芝居を完成させるまでに、飛鳥と響子にどんなやり取りがあるか楽しみです。

読者

Icon user placeholder2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efd66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c7d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b000079e01e 7877 4387 83c7 92e6b78986e87f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797 79人

恩田陸の本

八月は冷たい城

八月は冷たい城

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

『七月に流れる花』の続編に位置付けられるお話。 『七月に〜』でお城自体の秘密が明かされた後の、「みどりおとこ」の秘密の話。

2か月前

920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650eIcon user placeholderIcon user placeholder 8
七月に流れる花

七月に流れる花

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

隠されていた謎は、寂しくて悲しいものでした。 かくしていたものは、優しい優しい嘘でした。 しっとりとした物語。 真夏の日差しの中で読み返したいな。

3か月前

920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650eIcon user placeholder9534efea 5f58 4a6a 8c81 a144fedb6827 8