51pssrjff0l

愛と愛が戦うとき女性はどう変わるのだろう?「サラダ記念日」から10年-待望の第3歌集。 続き

コメント

女性は綺麗事だけではつまらない。
絵に描いたような恋愛模様ではなく、リアリティにも富んでいるのに、どこかさらりとしている。

俵さんの短歌のように、好きな人を俯瞰できたら、また何かが変わるのかな。

短歌好きの友達に勧められて読みました。「グラタンとチョコレートが好きという少女よ私はあなたのお父さんが好き」の破壊力。

読者

2cb42f27 d95d 4b5b a8b2 bcbdba5780a7Faff1d17 478f 4533 87ca 95acf9227d066b45e8b2 7b27 41d1 8c60 602d21058150Ca691e8c 659d 4522 bc61 0e6f55acb975 4人

俵万智の本

言葉の虫めがね

言葉の虫めがね

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f

ほんのむし

2018年131冊目。古本屋さんで買った一冊。俵万智さんの短歌の隣に、前の持ち主さんの、自作の短歌が書いてあって、それもとてもすてきでした。 / 20181025

5か月前

トリアングル

トリアングル

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f

ほんのむし

2018年126冊目。俵万智さんの短歌も、エッセイもたくさん読んだけど、小説もすてきだなって思いました。

5か月前