41v9ktvxlhl

4人の直木賞作家が、それぞれ訪れたヨーロッパの土地を舞台に描く、愛と味覚のアンソロジー。故郷のしがらみ、家族の絆、切ない恋心……温かな食卓に秘められた想い... 続き

コメント

角田光代さんのところだけBSで観たことがあった。あの番組はよかった…
個人的には、江國香織さんの『アレンテージョ』が情景が目に浮かぶようで好きだった。

その他のコメント

何処の国にでも
私と誰かと家族と
食事が
あるんだなと思った。

ご飯の描写がどれもすごく綺麗だった。食べ物そのものだけでなく、誰とどこでどういう状況で食べるか全部ひっくるめて食事でひとつひとつ同じものはないんだなって。

読者

Icon user placeholderPicture2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a04526710770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0b6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd2a40b4b2 0078 44a6 9123 1ebad6a3b33eAe9aaec8 d437 4895 aa25 d4f81f7d5b4cFa1ab365 c930 4a1f ba8c 4e06f9a47f81 11人

角田光代の本

学校の青空

学校の青空

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

4か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder24a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c 41