51mjvxxsaxl

一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉... 続き

コメント

生者と死者を一回きり、一夜だけツナグ使者の話。

今の自分は死者の誰に会いに行くだろう?
今の自分が死んだら生者の誰の依頼を待つだろう?

そういう本。

そこに深く考えたこと無かったので、勉強になりました。

死に方次第。

そして、自分の死に方を理解して死にたい。

もう一つ。

愛する人の手を握って死にたい。

これ読んで映画観たらめっちゃ泣いた。これでもかってくらい泣いた笑。生きてるって素晴らしい。

ツナグ(使者)とは、生者(依頼人)が死者と一夜限りの面会を仲介する窓口の事を言う。

どの依頼人も、死者と会う事によって、心の中にある悲しみや苦しみの感情を振り払い、前へ進もうとするのだが、中には死者と会って激しい後悔の念に捕らわれる依頼人の話もあった。

死者との面会は、生者と死者双方にとって徳があると思いきや、そうでない場合もあるみたいだ。

そして、使者の使命に疑念を抱き始めた高校生の歩美は、幼い頃に両親が謎の死を遂げ、その真相に辿り着く。

大切な人を亡くした人に読んで欲しいと思う。

ツナグが繋いでゆくラストがとても心に響いた。
「ひとつ終わる」という事は同時に「ひとつ始まる」という事だと…数年前から思うようになった。

映画も小説も涙目になった。
私は女子高生のあらしと御園の話が一番好き。
高校生だからこそ「分かる、その気持ち」って言えるし、荒々しくけれど繊細に描かれてると思う。

嵐の話、人間の複雑な感情が容赦なしに描かれていて、好きです。
嫉妬とか劣等感とか、汚い気持ちが生まれてしまうこともあるけど、あんな風に友情が終わるなんて絶対に嫌だし、それを思えば些細な喧嘩なんてどうでもよくなる。超許す。いつもありがとうって気持ちになる。

泣いてしまった。生と死。死んだ人、誰と会いたいだろう。おじいちゃんに会って卵焼きを作ってあげたいかな。

ため息がでる、心洗われる感じ。

辻村さんの作品の中には、あたかも元からそこに存在してるかのようなリアリティを伴ったルールが出てくる。その、ルールがご都合主義じゃないところがニクい。

こうはいかないから今周りにいる人たちを生きれてるうちにうんと大切にしようって思える

凄く良かったです。当事者の内情だけでなく、仲介者の心情を少しずつ削り出していく構成に夢中になりました。 いつの間にか、ツナグの少年と同じ気持ちを抱えて一夜の邂逅を見守っていたことに気がつきます。

現世にいる人が亡くなってしまった人に一生に一度だけ再会できるというのをいくつかの主人公を通して紹介する中で、『待ち人の心得』というのがとても印象的。突然消えてしまった恋人に会いたいというのが男性が消えてしまった彼女に再会することになったのだが、どこかで生きていればという思いもありつつも再会するということはそれは自ずと亡くなってしまったということ意味し、それと亡くなってしまった原因を知った時にとても救いようない気持ちになってしまいました。

この本を読んだら、必ずみんな誰に会うかを考えるんじゃないかなと思う一冊。
ありそう、あってほしいと思う。

ひとつひとつがもう少し気持ち良く終わるのかと思ったけど違うのね

読者

Icon user placeholder135675b6 fcaa 47ab 87c3 8e7cd49879714ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9eIcon user placeholder39d06a6e d9bc 4e40 9376 31d70089790cF2e05104 3d2f 4fa5 8e34 059f1d2e71d4037272b4 36ec 4d4e 8986 1219f151b450Icon user placeholder 157人

辻村深月の本

傲慢と善良

傲慢と善良

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

長編恋愛小説。 結婚に向けて順風満帆だと思っていた主人公の架(かける)だったが、ある日前触れなく婚約者の真実(まみ)が姿を消す。 彼は真実が過去にストーカーにあっていたと言っていた事を思い出し、「真実は攫われたのではないか」と考える。架は真実を探すため、彼女の過去を辿り始める。 といったあらすじ。 今作で何度も語られるのはタイトルにもなっている「傲慢さ」と「善良さ」だ。誰もが内心に抱える自己愛の強さと、決して悪意ではない善意がもたらした結果。登場人物たちがそれらを思い知らされる度、何度も心を抉られるような気がした。 人間のどうしようもない所を描きつつ、それでも前に進める力も示してくれる。私にとってこの作品はそういうものだ。 ちなみに、今作は辻村深月さんのデビュー15周年企画の一環とのこと。おめでとうございます。これからも応援してます。

約1か月前

3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9cIcon user placeholderEd3b80de d4e4 4999 8054 425c32450d2d 11
きのうの影踏み

きのうの影踏み

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

ホラーだと知らずに買って読みました(笑) 辻村先生の作品に興味があって、何か一冊ないだろうかと探していたら、唯一一冊だけ題名を知ってるものがあり、それがこれだったわけですが。 感想としては、「怖い」この一言に尽きます。もともとホラー耐性はあまり無いのですが、どの話もぞくりとさせる。きっとその感覚が好きな人にとっては最高の一冊であると思います。 個人的に特に怖かったのは、作家の話とナマハゲの話ですかね。展開がある程度予想できたとしても、読者に怖いと感じさせることが出来る素晴らしい文章力も圧巻でした。他の作品も是非読みたいです。

3か月前

C97fab0d 3d70 4907 bfa7 4742efa3d21f1bce5f43 b0b4 4cd0 a850 51f6ad653f6273bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b 9