51mjvxxsaxl

一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉... 続き

コメント

生者と死者を一回きり、一夜だけツナグ使者の話。

今の自分は死者の誰に会いに行くだろう?
今の自分が死んだら生者の誰の依頼を待つだろう?

そういう本。

そこに深く考えたこと無かったので、勉強になりました。

死に方次第。

そして、自分の死に方を理解して死にたい。

もう一つ。

愛する人の手を握って死にたい。

その他のコメント

これ読んで映画観たらめっちゃ泣いた。これでもかってくらい泣いた笑。生きてるって素晴らしい。

ツナグ(使者)とは、生者(依頼人)が死者と一夜限りの面会を仲介する窓口の事を言う。

どの依頼人も、死者と会う事によって、心の中にある悲しみや苦しみの感情を振り払い、前へ進もうとするのだが、中には死者と会って激しい後悔の念に捕らわれる依頼人の話もあった。

死者との面会は、生者と死者双方にとって徳があると思いきや、そうでない場合もあるみたいだ。

そして、使者の使命に疑念を抱き始めた高校生の歩美は、幼い頃に両親が謎の死を遂げ、その真相に辿り着く。

大切な人を亡くした人に読んで欲しいと思う。

読者

F2e05104 3d2f 4fa5 8e34 059f1d2e71d4037272b4 36ec 4d4e 8986 1219f151b450Icon user placeholderB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e13d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786dE39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007b2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c 153人

辻村深月の本

きのうの影踏み

きのうの影踏み

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

ホラーだと知らずに買って読みました(笑) 辻村先生の作品に興味があって、何か一冊ないだろうかと探していたら、唯一一冊だけ題名を知ってるものがあり、それがこれだったわけですが。 感想としては、「怖い」この一言に尽きます。もともとホラー耐性はあまり無いのですが、どの話もぞくりとさせる。きっとその感覚が好きな人にとっては最高の一冊であると思います。 個人的に特に怖かったのは、作家の話とナマハゲの話ですかね。展開がある程度予想できたとしても、読者に怖いと感じさせることが出来る素晴らしい文章力も圧巻でした。他の作品も是非読みたいです。

24日前

C97fab0d 3d70 4907 bfa7 4742efa3d21f1bce5f43 b0b4 4cd0 a850 51f6ad653f6273bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b 9
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

Ab05e64b 2c48 4225 bbaf 052c49d36ac2

やまき

主婦です。

初めから、終わりまで貫くテーマは「母と、娘。」主人公は実母を殺害して逃げ続けている親友を探す為に友人や関係者に話を聞く。それとともにライターとして赤ちゃんポストの存続について取材を進めるが、その二つが重なった時、事件の切ない理由が白日の下に晒される。私は母に与えてもらった愛情の何分の一かは返せているのだろうか。

3か月前

Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c0530389fd94 457d 45fb 9b5b c974568b150f61ec2bc0 997b 4e41 bfd2 e0819b8cf1b4