51qtzcufcvl

自動運転、掃除ロボット「ルンバ」、IBMの人工知能「ワトソン」を使ったアプリ……IoTとともに、今世の中を便利に、面白くしている人工知能は「弱いAI」「特... 続き

コメント

今あなたが欲しいと思っている、考えているサービスはアシスタント型(支援)だろうか。それともエージェント型(代行)だろうか。

ここ最近、メッセンジャーアプリが世界中で利用され、それ故にchatbotが少しずつ台頭してきた。様々なサービスが登場しているが、UIをチャットにしただけのアシスタント型が大半だ。AIは技術面に注目されがちだが、何をさせるかのサービスデザインも不可欠。しかし、デザインに関してはまだまだ未開拓。

本書はAIサービスのデザインを開拓する。

アシスタントとエージェントの違い。エージェント型の在り方を考えるフレームのsee-think-doなど。解決する課題全体の中で、AIの在り方を少し俯瞰しながらデザインすることが、今後のAIサービスを考える上で必須。

読者

Cf3ecaf6 9986 4e08 92fb 18b9fca828a92e879b8e 9c34 4e40 beae 7f7b9120a15c4a8519d0 fe16 472b a13c 945e37858a4006e5b065 343f 4ef6 be98 8afb82df6c21Icon user placeholderB07f5688 1ed2 4102 a122 8b292238f74c 6人

テクノロジー

コンピュータのしくみを理解するための10章

コンピュータのしくみを理解するための10章

A42ef59b a60f 407e aff7 2ca5e299061c

わかな

実用書や専門書が好き

文系の大学を出てSEになった私が勉強のために読んだ本だが、こういったハードの部分を知っているのと知らないのとでは「情報技術」というものに対する考え方が変わると感じた。 基礎が乏しいため読むのは大変だったけど、時間をかけて消化しつつ読み終えた今では基礎的で読みやすいのではないかと思っている。

約1か月前