51vetyi1kkl

上下関係も、売上目標も、予算もない!?従来のアプローチの限界を突破し、圧倒的な成果をあげる組織が世界中で現れている。膨大な事例研究から導かれた新たな経営手... 続き

コメント

これは力作だった。

3回読んでも、新しい感動を受ける。
また、期間をあけて再読しても、新しい気づきをもらえそうな予感がする本だ。

ケンウィルバーが推薦文を書いて、日本語翻訳までされた本なので、ただの「新しい組織構造の事例集」では終わらないと思っていたけど、ここまで素晴らしいとは思わなかった!!

具体的な事例もたくさん載っているが、個人的にインパクトが強かったのは第1部の「過去と現在までの組織モデルのパラダイム変換」の概念だった。

原始生活から今までの、人類の進化パラダイムと組織モデルの変化を見事に体系化している。

「受動型」
「神秘型」
「衝動型」
「順応型」
「達成型」
「多元型」
「進化型」

「ホマクラシー経営」など、一般的に型破りに思われている経営手法も、そこに至るまでには歴史がある。

人類が作り出したものには、変遷がある。

ところが、組織モデルとなると、日常生活では空気みたいに存在を意識せずに過ごしてしまう。

しかし、当たり前の様に組織モデルにもイノベーションが起こり、パラダイムが変わる。
変わらないものなどない。

日本の政府とか、自治体とかのガチガチの保守的な組織が、こういったパラダイム変化を受け入れて進化したら、面白いのになぁ。

そんな妄想もしてしまった。

難しそうな言葉は、作中で解説してくれているので、組織で働く全ての人に読んで欲しい本だ。

読書に慣れてない人は、読破するだけでも「一皮向けた」感覚を味わえると思う。

超オススメの本!!

読者

6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a5d73eff4 0256 4f77 9928 429d911b6f53723bd9f2 aec1 4e77 b275 589055bf3624Icon user placeholderC35364c2 2523 4b65 89f5 abbe391be335214c5c75 3a5e 4f66 af8e ab3d379121519326d387 d0e0 41c1 bd3f 1095e3ba6d9489c2974f 98c3 462c 8017 96a710f1ca5b 60人

ビジネス

ゆるいつながり 協調性ではなく、共感性でつながる時代

ゆるいつながり 協調性ではなく、共感性でつながる時代

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

SNSの発展により「つながり」とその維持は極めて容易になった。「昭和的強制」の時代は終わり、これからは「ゆるいつながり」が大切になってくる。 そのためには自分を高めること、価値を提供できる自分であり続けることか必要。 佐々木俊尚の「広く弱くつながって生きる」に書かれていることとかなり近い。どちらも2018年3月刊行と同じ時期に出ているのはなんとも興味深い。 実際、仕事に活かせる具体性としては、佐々木俊尚の著作に軍配が上がるが、SNSダメ事例集の豊富さでは、本書もなかなか面白い。

約20時間前

D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a
桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

Deb28d02 e0c3 4061 95ec 1b18a196d40a

たつてん!

よろしくお願いします^_^

20181209 この本を一言で言うと、 「デキる人は見えない所で桁外れに準備している」 ということ。 何をしているか? ①資料や本を全て読む ②会う人や会社を事前に徹底的に調べる ③不安を消すため「準備」と「トレーニング」を圧倒的にする なぜ? ①全体像を掴むこと、専門家とも対等に話すため ②情報が多いと不安が少なくなる 自分は仕事がデキる人は、天性のものかと決めつけていましたが、人が見ていない所で桁外れに準備をしているのだとわかりました。 逆に言うと、自分も圧倒的に見えない所で準備(資料や本を読む)すれば良いんだと思い、行動に移しています。

7日前

Cebf7d4d 081a 4ddb 9116 149b2716bfc62702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d5414f77893f a60d 452c b73a 6913489f0fc5