51vwbbzk9yl

医療格差の広がる日本で、勝ち組医師を狙った連続テロが発生。医事評論家の浜川は、医師機構の若き総裁・狩野から、ある人物の捜索を依頼される。日本の未来に警鐘を... 続き

コメント

有栖川有栖さんのオビだったので手にとってみた。医療関係者だというのは知っていたが、医療保険に対しての解釈がすごい。だが、きっと近い未来こうなる可能性もあると知り愕然とした。読み切るのに、体力を使う本は久しぶりだった。

読者

F6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e136838b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0

久坂部羊の本

老乱

老乱

1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8

persimmon1a

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪…

祖父や祖母と認知症の人を見てきたことがあるが、頭の中はこんなんだったのかなぁ〜と勉強になる。 日記に書きとめていた内容を見ると祖母がその辺の紙にとりとめもなく書いていたこととかぶる部分がある。

約1年前

F2e7a8ae 3929 4a40 aaf5 ad91a20299ed7f36f001 795b 4428 a594 5f3a8cd6be7f
神の手 下

神の手 下

Ae6f3015 e101 4b49 8c6a e89d5fe49478

成民。

久坂部羊/湊かなえ/上橋菜穂子/…

安楽死について深く考えさせられた。便利なものは、誰かの助けにもなるし、その反面、悪用もされるのだと思った。

約3年前