51ejqrp8t8l

グラフィックワークから企画書、プレゼン資料まで。 デザイン基礎力は、一生役立つ武器になる! これからはじめる人に読んでほしい、 とことん丁寧な本格入門書... 続き

コメント

入門と題されているとはいえ、デザインの基礎柱を己の中に何本も打ち建てることができる良書。
これ一冊でも確かなデザインの下部構造を持てるようになると思います。
デザインワークの中で主観と印象論でふわっと発散してしまい判断基準を持てなくなってしまう時が多々ある中、しっかりとデザインを言語化できるようになれば、プレゼンテーションに役立つばかりでなく、上部構造としてのデザイン成果物そのもののレベルアップにも繋げられると思います。
ノンデザイナーにこそオススメ!

たまに読みたくなるデザイン入門。立場にもよるが、大事なのはセンスではなく基本ルール。

仕上がってくるものを無条件に通すことなく、より良くする質問、感じる違和感の言語化はビジネスでも必要になってくる。

空間の取り方、写真と文字の関係など、before/afterを通じて、考える力を養うことができる。忘れて頃にまた読もう。

お正月に気楽に流し読みしようと手に取った本ですが、すごく面白い内容でした。
センスで片付ける前に、やはり基礎を身につけることは大切ですね。インフォグラフィックやアイコン化、写真と文字の使い方とか、なるほど〜と思う基礎がいっぱい。資料を作ることが多い人にはオススメです。

前職では営業も兼ねていたし、そんなのデザイナーさんでやってよ!って逆ギレしてたけど、これからはちゃんとデザインのこと学んで行こうと思って。

読者

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Icon user placeholder92657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65e51fcc823 3610 4c68 85fa b38de3ba02bf6a548045 459c 4192 9312 73a02a57b185Icon user placeholderA20399b1 602e 4692 8ed2 df324b2cce50 24人