516vzgjh5il

トランプ大統領誕生やイギリスEU離脱国民投票では、多くの個人情報が世論形成に利用された。これらによって醸成されたポピュリズムにどう抗うのか。デジタル時代の... 続き

コメント

心理分析を使った選挙キャンペーン(アメリカ大統領選、イギリスのEU離脱問題)、国際的な世論誘導、ソーシャルメディアによるフィルターバブル。

Googleや、Facebookなどの巨大ネットサービスの個人最適化が行き着くところは「自分の意見に近しいもの、自分の嗜好に合ったもの」だけしか目に触れなくなって来るという事。

最近のネット広告のセグメントの細かさはホントに凄いので、主義主張、思想信条を分析され尽くした上で、そっと差し出される最適化情報は、けっこう危険。

自分で選んだようでいて、実は選ばされている事を自覚する事、ネット以外の情報源も確保しておくとが大切なのかな。難しそうだけど。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

社会

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0124 2019/07/16読了 二人の会話を読んでいくのでテンポよくわかりやすかった。 試すことは大事!一回でも成功したらオッケ〜。 翻訳物が苦手なのと外国人の名前の覚えられなさから眠気が。 各章タイトルは覚えておきたい。

1日前

B409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef321037da1f 96e1 42a3 99ff 9ff970e91cbcIcon user placeholder 76