516vzgjh5il

トランプ大統領誕生やイギリスEU離脱国民投票では、多くの個人情報が世論形成に利用された。これらによって醸成されたポピュリズムにどう抗うのか。デジタル時代の... 続き

コメント

心理分析を使った選挙キャンペーン(アメリカ大統領選、イギリスのEU離脱問題)、国際的な世論誘導、ソーシャルメディアによるフィルターバブル。

Googleや、Facebookなどの巨大ネットサービスの個人最適化が行き着くところは「自分の意見に近しいもの、自分の嗜好に合ったもの」だけしか目に触れなくなって来るという事。

最近のネット広告のセグメントの細かさはホントに凄いので、主義主張、思想信条を分析され尽くした上で、そっと差し出される最適化情報は、けっこう危険。

自分で選んだようでいて、実は選ばされている事を自覚する事、ネット以外の情報源も確保しておくとが大切なのかな。難しそうだけど。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

社会

人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点

人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

価値と使用価値の違いや自己内利益といったキーワードを用いながら、働き方(生き方)について分かりやすく説明されていた。 どのような生き方が自分に合っているのか、これまでの自分の経験と照らし合わせながら自然と読み進めていた。 自分の仕事を見つめ直すチャンスをくれる本。

10日前

Cb52a2ca af51 4f45 9431 e2e2f11d48e816720404 a505 4f1a aa00 70f1e705bf57Icon user placeholder