51ugfgkl0zl

コネチカット生まれのちゃきちゃきのヤンキー、ハンクが昏倒から目を覚ますと、そこは中世円卓の騎士たちの時代だった!科学の知識で、魔術師マーリンに対抗し、石鹸... 続き

コメント

現代(といっても19世紀末ですが)のアメリカ人がアーサー王時代のイングランドに紛れ込むタイムスリップものです。

主人公のヤンキーくんは現代の技術を駆使して何度も危機を脱し、魔術師との魔術合戦に挑みます。

子供の頃何度も読みました。結末の物哀しさがなんとも尾を引きます。

読者

Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7

マーク・トウェインの本

ハックルベリー・フィンの冒けん

ハックルベリー・フィンの冒けん

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

もう文句なしの名作で大昔に読んだことがあるけども好きな翻訳者の新訳ということで手にとってみた。なんとなく「トム・ソーヤー」がテレビアニメでやってたこともあってか子供向けの作品、という先入観があって読んでなかったのだけどヘミングウェイだったと思うがそういう自分が気に入ってる作家が褒めてたので試しに読んでみたらあまりの内容にひっくり返りそうになった記憶がある。その意味では「トム・ソーヤー」よりも本作のほうがより過激だという記憶があっての再読。まずやはり柴田さんの訳が素晴らしい。俺は英語ができないからあれだけどあとがきによると元々の原作は頭はいいけどまともな教育を受けていないハックルベリー・フィンが書いた、という体を取っているので文法や綴がめちゃくちゃで、喋り言葉そのままの感じなのか、でもリズムは良い、というものらしい。これを翻訳でどうにか再現しようとした結果がタイトルの「冒けん」にも現れている。ざっと見た感じ、ひらがなだらけでこれは読みにくいかも...と思ったけどもいざ読んでみるとするするいけてしまう、こういうところが名翻訳者たる所以なんだろうなと改めて感心した。昔読んだのはたぶん端正な翻訳になっていたと思うのだけどこちらのほうがなんというか文章に躍動感とリアリティがあって楽しく読めたと思う。ストーリーには今更触れる必要はないと思うけども大河を筏で進む様子や自然描写が改めて素晴らしいと思ったのと、貧乏白人、ペテン師やリンチなど今日にも通じる問題提起が実にうまく為されているなという印象。凄まじく悲しいシーンや思わず声を出して笑ってしまいそうな場面など何度読んでも素晴らしい作品。しかし時代背景から差別用語や差別的な内容がてんこ盛りで~もちろん作者は問題提起としてそうしているわけだけども~現代のアメリカ人、特に白人が読んでどう思うのだろうか、とも思った。

29日前

A988a577 9a28 4535 86b9 6dccf1548d6cD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c32f030ed b0b2 4b31 8ee3 ac565fc6c71c 18
トウェイン完訳コレクション 人間とは何か

トウェイン完訳コレクション 人間とは何か

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

マーク・トゥウェイン晩年の思想エッセイ。人間の行動原理について、宗教や倫理から離れた作家らしい立場から語っています。人の行為はつきつめると、環境に反応する色のない機械のようなものだ、というもの。いま盛んなAIの方法論を裏返しにしたような哲学。

約1年前

54110e6c 54b0 4866 b849 a862e4b68153C3250572 a273 4a87 a82a 3226adb32d3042caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e 36
ハックルベリイ・フィンの冒険

ハックルベリイ・フィンの冒険

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

飲んだくれの親父と別れたハックが、筏でミシシッピ川を下る。道連れは黒人奴隷のジム、いかがわしい旅回り芸人の「国王」と「公爵」。滑稽な失敗続き、たまには幸運を掴んで、雄大な河を流れて生き抜いていく放浪記。奴隷逃しという、深いテーマを抱えた作品でもあります。

2年前

2ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bdB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6